Showing results for: AOL

ベライゾンメディア・ジャパン、代表取締役マネージングディレクターに木原 一博氏が就任

インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社(東京都港区)は、2019年11月9日付で、日本の新しい代表取締役マネージングディレクターに木原 一博が就任したことをお知らせいたします。

ベライゾンメディア・ジャパン、ネイティブ広告の配信先にMSNを追加し日本国内の提供を強化

インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社(東京都港区、以下当社)は、この度、プレミアムネイティブ広告の強化を目的に、MSN面の配信提供を開始しました。

Oath Japan、ベライゾンメディア・ジャパンに社名変更

インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役 カントリーマネージャー:坂下 洋孝、以下当社)は、これまで日本においてOath Japan株式会社として活動してきましたが、2019年8月1日より社名を「ベライゾンメディア・ジャパン株式会社」に変更しましたことをお知らせいたします。

Adjust、ニールセンUSの前社長リンダ・クラリツィオ氏を取締役に任命

モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるAdjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja)は本日、Nielsen U.S. Media(ニールセン U.S. メディア)前社長のリンダ・クラリツィオ氏 (Lynda Clarizio) がAdjustの社外取締役に就任したことを発表しました。クラリツィオ氏には、Adjustが自社ブランドのマーケティング業務を集約し、マーケティングをよりシンプルに、スマートに、安全にする上での戦略的方針のリーダーシップを発揮することが期 … Continue Reading →

The Trade Desk、アジア太平洋地域におけるシニア・バイス・プレジデントにトロイ・ヤンとミッチ・ウォーターズを任命

グローバルアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジェフ・グリーン、Nasdaq: TTD)は、アジア太平洋地域において北アジア地区、並びに東南アジア、オーストラリア、ニュージーランド(SEAANZ)地区を担当するシニア・バイス・プレジデントにトロイ・ヤン(Troy Yang)とミッチ・ウォーターズ(Mitch Waters)が就任したことを発表しました。今回の任命は、The Trade Deskの成長戦略にとってアジア太平洋地域が重要であること、そして同地区におけるプログラマティック広告の成長が加速していることを示すものです。 … Continue Reading →

Oath、広告テクノロジーを統合した新ブランド「Oath Ad Platforms」を発表

デジタルメディアおよび広告プラットフォームを提供するOath (本社:米国ニューヨーク、CEO:ティム・アームストロング、以下Oath)の日本法人であるOath Japan株式会社(東京都港区、代表取締役 カントリーマネージャー:坂下 洋孝、以下Oath Japan)は、新ブランドとなる統合型プラットフォーム「Oath Ad Platforms」を発表しました。Oath Ad Platformsは、Oathがグローバルで提供してきた旧Yahoo製の「BrightRoll」や「Yahoo Gemini」、そして旧AOL製の「ONE by AOL」の優れた機能が組み合わされており、信頼性の高いOa … Continue Reading →

Oath Japan、生活者に愛されるブランド実態調査「Brand Love Index」リサーチの結果を発表

デジタルメディアおよび広告プラットフォームを提供するOath (本社:米国ニューヨーク、CEO:ティム・アームストロング、以下Oath)の日本法人であるOath Japan株式会社(東京都港区、代表取締役 カントリーマネージャー:坂下 洋孝、以下Oath Japan)は、本日、生活者とブランドの関係性を明らかにし、いかにして生活者に愛されるブランドを作り出すかにフォーカスしたOathのグローバルリサーチ「Brand Love Index リサーチ(ブランド愛着度指数調査)」の日本における調査結果と考察を発表しました。

倒産しAmobeeに引き継がれたVideology、日本における事業継続を明言

Videology Japan株式会社は、Videologyが日本を含むアジアパシフィック市場においては、破産保護を申請していないと発表しました。Videologyは、連邦倒産法第11章の再建手続に基づき、Singtel(シンガポールテレコム)の子会社Amobeeを買い手として、同社の事業を売却しようとしています。しかしながら、Videology Japan株式会社 社長執行役員の城西 將恒氏は、この申請が、日本での事業やクライアントおよびパートナーに提供しているサービスに影響することはない、と明言しています。米国の事業は別個の企業として行われており、日本を含むアジアパシフィック市場においては … Continue Reading →

モメンタム、ビューアビリティ計測機能を拡充しアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser」を提供開始

Momentum株式会社(以下、モメンタム)は、広告主向けのアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」の提供を開始いたしました。

ハフポスト日本版、過去最高の2170万月間UUを記録と2017年決算で初の黒字化を発表

ハフポスト日本版(東京都千代田区、代表取締役:西村陽一)は2018年1月、月間のユニークユーザー数(UU)が過去最高の2170万を達成しました。ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社の2017年1〜12月期の決算は2013年5月のローンチ以来、初めての黒字化となる見込みで、ネイティブ広告のトップランナーとして、ビジネス面でも結果が伴った年となりました。