• 2019/09/18

CHEQ、日本におけるオンライン広告詐欺(アドフラウド)の被害総額は680億円以上と予測

ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)が実施した世界的な経済調査によると、マーケティング担当者たちは、日本においてオンライン広告詐欺における被害総額が680億円に上ると予測していることが分かりました。


  • 2019/09/10

DACとP1、アドフラウド対策の強化として日本の事業者で初めてIAB Tech Labの標準技術に対応

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)とDACの連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊福直紀、以下 P1)は、デジタル広告の透明性向上を目的に、両社が開発・提供するSSP「YIELDONE®」において、IAB Tech Labがアドフラウド(広告詐欺)への対応強化のために2019年7月に公開したグローバルの標準技術「SupplyChain object」および「sellers.json」(※1)に日本の事業者として初めて対応します。


  • 2019/08/28

D2C Rの「ART DMP」、「メディアフィルタリング」機能を追加 〜メディア単位でのアドフラウド対策が可能に〜

株式会社D2C R(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)は、自社が提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART(アート)DMP(ディエムピー)(※1)」に、広告配信ネットワークが束ねるメディアごとの広告効果の不正を検出する「メディアフィルタリング」機能を追加いたしました。



  • 2019/08/22

モメンタム、米オラクル社の計測ツールMOAT及びGrapeshotと戦略的な連携を開始

Momentum株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 高頭 博志、以下モメンタム)は、アドベリフィケーションを米オラクル社(本社:500 Oracle Parkway Redwood Shores CA 94065、以下、米オラクル)が提供する、Oracle Data Cloud(ビューアビリティ計測ツールであるMOATならびにブランドセーフティ及びコンテキシャルターゲティング機能を提供するGrapeshot)と長期間での戦略的な連携を開始することとなりました。


  • 2019/07/31

Phybbit、「アドフラウド調査レポート 2019年7月」を発表

株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)は、「アドフラウド調査レポート2019年7月」を公開しました。国内最大級のAI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」で解析した約4,551億6,066万ものデータ結果となります。(調査期間:2019年1月1日 〜 2019年6月30日) ダウンロードはこちらから( https://spideraf.com/adfraud-report-whitepaper-2019-07


  • 2019/06/06

サイバーエージェントの「AJA SSP」、アドベリフィケーション対策ソリューション「HYTRA API」のアドフラウド機能と連携

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社AJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野屋敷健太)は、メディア向けに提供する「AJA SSP」において、Momentum株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 高頭 博志、以下モメンタム)の提供するアドベリフィケーション対策ソリューション「HYTRA API」との連携を開始いたしました。


  • 2019/05/10

ヤフー、アドフラウド対策で独自の広告品質におけるスタンダードを策定

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、インターネット広告業界が抱えるアドフラウドやブランドセーフティなどの課題解決を目的として、広告品質におけるグローバルスタンダードを参考に、広告主の皆さまがインターネット広告を活用する際に安心安全の基準となる3つの価値(「適正な広告効果の可視化」、「ブランド価値とメディアの信頼性の担保」、「ストレスのない広告体験の提供」)と、6つの対策項目を策定し、これを「広告品質のダイヤモンド」と定義しました。本日より、「広告品質のダイヤモンド」に関連する取り組みを紹介するWebサイトを公開しました。


  • 2019/04/03

サイバーエージェントのCA ProFit-X、動画広告のインプレッション計測においてアドフラウド対策強化を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクスタジオは、運営するスマートフォン特化型SSP 「CA ProFit-X(シーエー プロフィットエックス)」において、動画広告におけるインプレッションの定義を「広告がスマートフォンの画面上に実際に表示されたタイミング」とする計測方法を採用したことをお知らせします。



  • 2019/02/26

朝日新聞デジタル、IASとの協業による新ビューアブル課金広告メニューをリリース

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、新ビューアブル課金広告メニュー「朝日新聞デジタルIASブランドセーフ・ビューアブル純広告」をリリースいたします。Integral Ad Science社(日本オフィス:東京都千代田区、代表取締役社長:藤中太郎、以下 IAS)の協力を得て開発した本メニューは、ビューアブルなインプレッション※のみに課金し、ブランドセーフティと不正インプレッションの排除を実現した純広告メニューです。近年ますます高まるビューアビリティやブランドセーフティ、アドフラウド対策といったニーズに応える高品質な広告商品としてご活用いただけます。


  • 2019/02/25

Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携 ー「PartyTrack」は事業譲受へー

モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja) は本日、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)と戦略的パートナーシップの提携を開始しました。このパートナーシップには、同社が運営するスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」の事業譲受が含まれます。この提携により、モバイル広告の効果測定とアトリビューション分析のトップ企業として、Adjustの日本におけるシ … Continue Reading →


  • 2019/02/14

Adjust 、アドフラウド対策のグローバルな新業界基準「クリック認証」を発表

モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja)は本日、インプレッション情報をもとにクリックの正当性を確認するための認証法「クリック認証(Click Validation)」を発表しました。