• 2020/07/22

アイレップ、日本トータルテレマーケティングとECを中心とした顧客対応のための 「カスタマーエクスペリエンススタジオ」を発足

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、日本トータルテレマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森真吾、以下日本トータルテレマーケティング)と包括提携し、今後急成長が見込まれるソーシャルコマースやD2Cなどの新しいEコマース(以下EC)事業領域に対応するため、オフラインでの顧客対応だけでなく、オンライン上での顧客接点作りまで含めた新しいEC購買体験を創出する「カスタマーエクスペリエンススタジオ(CXスタジオ)」を発足いたします。


  • 2020/07/09

アイレップ、23期決算は増収減益で売上高は800億円超え

博報堂DYホールディングスのアイレップは、23期の決算公告を発表しました。売上高は約805億円となり前年比118%の増収、営業利益は、前年比79.5%の減益となりました。


  • 2020/06/30

アイレップ、Facebookショップに対応「ソーシャルコマースワンストップサービス」の提供開始

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、Facebookショップに対応し、企画・集客・SNSオーガニックアカウント運用・Eコマース(以下EC)サイト構築を統合的にサポートする「ソーシャルコマースワンストップサービス」を6月30日より提供いたします。



  • 2020/06/16

アイレップ、GOと事業提携を発表

株式会社アイレップは、既成概念にとらわれないデジタル時代における統合型の広告プランニング・クリエイティブを開発するプロジェクト「TEAM JAZZ(チーム ジャズ)」の活動の一貫としてThe Breakthrough Company GO(以下GO)と、事業提携したことを発表しました。


  • 2020/05/14

アートトレーディング、アイレップ・ロカリオ・Shopifyと共同で「ECワンストップ支援サービス」を提供開始

アートトレーディング株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:藤井玲、以下アートトレーディング)は、株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)およびアイレップのグループ会社である株式会社ロカリオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉和則、以下ロカリオ)、Shopify Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:マーク・ワング、以下Shopify)と共同で、Eコマース(以下EC)におけるサイト制作から集客、フルフィルメント、分析までを統合的にサポートする「ECワンストップ支援サービス」の提供を5月13日より開始いたします。


  • 2020/05/11

アイレップ、統合型の広告プランニング・ クリエイティブを開発するプロジェクト「TEAM JAZZ」を発足

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、デジタル広告運用で培った独自のノウハウをすべてのマーケティングファネルに活かし、既成概念にとらわれることなく、デジタル時代に即した統合型の広告プランニング・クリエイティブを開発するプロジェクト「TEAM JAZZ(チーム ジャズ)」を発足いたしましたのでお知らせします。


  • 2020/04/14

アイレップ、toBeマーケティングと協業開始

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、 Google マーケティング プラットフォーム(以下GMP)※1とSalesforce Marketing Cloud(以下SMC)※2の連携によるOne to Oneマーケティングの推進に向け、toBeマーケティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:小池智和、以下toBeマーケティング)との協業を開始したことをお知らせいたします。


  • 2020/02/26

博報堂DYHDグループ各社、新人事発表

博報堂HDグループ各社は4月以降の人事体制を発表しました。詳細は下記をご確認ください。



  • 2020/02/20

アイレップ、法人向け Pinterest 開設・運用支援サービスを提供開始

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高梨秀一、以下アイレップ)は、法人向け Pinterest※アカウント開設・運用支援サービスの提供を開始いたしましたのでお知らせします。



  • 2019/08/13

博報堂DYHD、当期純利益73.9%減少

博報堂DYホールディングスは、2019年第二四半期の決算を発表しました。売上高:3,329億円(前年同期比+2.6%)、売上総利益:724億円(前年同期比-68億円、-8.6%)、営業利益:69億円(同-130億円、-65.3%)、当期純利益:25億円(同-73億円、-73.9%)という数字となりました。