このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

RTB・DSP・SSPとは


そもそもRTBとは

 ディスプレイ、ビデオ、モバイル、ソーシャル等への入札を、第三者配信を用いてリアルタイムに、1インプレッション単位で行うことを可能にする自動広告取引のことをRTB(Real Time Bidding)と呼びます。

 広告表示1回ごとに、買い手である広告会社のシステムに対してリアルタイムにオークションを行うシステムであり、最高額の入札単価を提示した買い手が広告を表示させることができます。

 RTBの導入により、売り手である媒体社は広告表示1回ごとに広告収益を最大化することができ、買い手である広告主・広告会社は広告表示1回ごとに最適な市場価格で広告露出を図ることができます。

DSP(Demad Side Platform)とは

・広告主や広告会社が使用する、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティング等を一括して行うことができる

・複数のSSP(Supply Side Platform)と接続することで、広告主の求める在庫を必要な時に必要な分だけ確保することが可能

・広告主自身が保有するデータ(1st party Data)、Data Exchange等第三者から購入したデータ(3rd party Data)を元に、マーケティング目標に応じてカスタマイズしたオーディエンスターゲティングが可能

・DSP以外で購入した広告商品も含めて、第3者配信を行うことが可能

SSP(Yield Optimizer)とは

SSPとは媒体社の純広告以外の在庫の収益を最大化させる仕組み

・アドネットワーク毎の想定eCPMを算出

・AdExchange/DSPからRTBでリアルタイムに入札された単価を受け取る

・一番高額と判定されたアドネットワーク/AdExchange/DSPの広告が配信される

参考:http://www.platform-one.co.jp

デジタルマーケティング知識をさらに詳しく学ぶには?

デジタルマーケティング領域で未経験からでも現場で使える実践的なスキルを習得できるサービスでは「デジプロ」がおすすめです。動画とパーソナルサポートで、多くの知識や実践的なスキルを身につけることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加