• 2020/09/24

日本におけるメディア/広告に対する信頼度は依然として世界最低水準【Syno Japan調査】

ゼロパーティデータの収集から分析、活用までのプロセスを最適化するゼロパーティデータプラットフォーム「Syno Cloud (シノクラウド)」を開発する Syno Japan株式会社は、「40カ国広告信頼度グローバル調査」を今年度も実施いたしました。調査概要としては、2019年度の調査対象国でもあった世界で最大規模のメディア市場を誇る40カ国を再び選別。各国の一般消費者に対して、「コンテンツへの信頼度」、「広告への信頼度」、「信頼度と購入意識の関係性」について尋ねました。現在、猛威を振るっている新型コロナウィルスがコンテンツや広告への信頼にどのように影響を及ぼしたかを測定する大規模な調査となりま … Continue Reading →


  • 2020/09/24

Criteo、コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポートを発表 〜若い世代ほどアプリ内で課金〜

•口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進 •上の世代ほど無料アプリを好み、Z世代とミレニアル世代はアプリ内で商品を購入する傾向 •日本のモバイルアプリユーザーはコンテンツを無料で利用できる限り、アプリ内広告に対して好意的


  • 2020/09/17

新型コロナの影響で買い物の頻度・時間共に減少傾向【Shufoo!調査】

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼、以下 ONE COMPATH)は、ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)を利用する全国の男女50,431人を対象とし、2020年8月4日(火)~8月17日(月)に、買い物に関する意識調査を行いました。新型コロナウイルス感染拡大前(以下 コロナ前)と現在でどのような変化があったのかを中心に調査を実施。買い物に行く頻度や店舗での … Continue Reading →



  • 2020/09/14

電通総研、「いつもと違う8月」における人の意識・行動調査の結果を発表

株式会社 電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)の社内組織である電通総研※(所長:谷 尚樹)は、「クオリティ・オブ・ソサエティ」の活動の基盤として、「人びとの意識の変化がどのような社会を形づくっていくのか」を捉えるため、「電通総研コンパス」と称した定量調査を実施しており、今回の第3回調査では、新型コロナウイルスの感染拡大のもとで過ごした「いつもと違う8月」における、人の意識・行動の変化について焦点を当て、調査(8都道府県・18~79歳までの男女4,320人)を行いました。


  • 2020/09/11

【新型コロナの広告市場影響分析】2020年の媒体別広告市場売上高推移

2020年は2月末から新型コロナウイルスの感染が拡大し、国内の広告市場は大きな影響を受けました。また広告業界としても最大級のイベントであるオリンピックの延期も決定し、当初想定よりも大きく市場が縮小する自体となりました。


  • 2020/09/10

2020年8月度テレビCM放送回数ランキング 〜ココナラ・総務省が急浮上で上位ランクイン〜

SMNの子会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年8月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し集計し発表しました。


  • 2020/09/07

ビデオリサーチとNTTドコモら、出版社のデジタルメディアビジネスの共通指標整備に向けた調査開始

ビデオリサーチは、一般社団法人日本雑誌広告協会、NTTドコモ、D2Cとともに、出版社が手掛けるデジタルメディアビジネスの共通指標整備を目的とした、雑誌広告業界共同による「電子雑誌読者プロファイリング調査」を2020年9月に実施することを決定いたしました。


  • 2020/09/02

アベノミクスとマスコミ各社の時価総額の関連性について

歴代最長政権となった第二次安倍政権。安倍首相の巧みなメディア戦術は、様々なところで話題に上がっていました。 そこで今回は、良くも悪くもマスコミが注目をされた期間でのマスコミ関連各社の株価の変化を比較したいと思います。株価が上がっているor下がっているから政権との繋がりが云々という趣旨ではなく、この期間で市場の評価の変化を観察したいと思います。



  • 2020/09/02

A1 Media Group、媒体社から取得した『アクションデータ』の分析結果を発表

株式会社A1 Media Group(本社:東京都中央区、代表取締役:ジョン・ジェウ、以下 A1 Media Group)は、媒体社から取得したアクションデータ(※1)を分析・調査(※2)したところ、アクションユーザー(※3)は非アクションユーザー(※4)に比べてコンテンツに対するエンゲージメントが高いことが判明しました。その分析結果をお知らせいたします。


  • 2020/09/02

コロナ影響でヘルス・フィットネスアプリのインストールが67%増加【Adjust調査】

・ヘルス・フィットネス系アプリのインストール数は2020年3月最終週に67%の増加を見せ、 ・5月のセッションは年間平均よりも48%高い結果に ・新型コロナウイルスの世界的流行の中、日曜日に自宅で運動に取り組むユーザーが増加


  • 2020/08/26

コロナ渦でブレイクしたアプリTOP10【App Annie調査】

モバイル市場データを提供する「App Annie(アップアニー)」は、2020年4〜6月期のモバイルアプリに関し、コロナ渦中でブレイクしたアプリのTOP10を発表しました。