このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.11.9

マイクロアド、ユーザー属性に応じたターゲティング配信が可能な 動画広告サービス「BLADE VIDEO」の提供を開始

~10億通り以上のターゲティングで出稿ニーズに合わせた動画広告配信が可能に~

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺健太郎 以下マイクロアド)は、マルチデバイスに対応した動画アドネットワークサービス「BLADE VIDEO (ブレードビデオ)」の国内提供を開始したことをお知らせいたします。

logo_textB

 近年、インターネット環境の高速普及を背景に、ユーザーの動画視聴の使用割合が上がっており、企業のマーケティング活動における動画広告のニーズも急速に高まりを見せております。先行する米国では2015年に7,000億円を超える(※1)とされ、日本国内のインターネット動画広告市場は2017年には1,093億円に達する(※2)と予測されており、今後も高い水準での成長が見込まれます。
しかしながら現在、国内ではYouTubeをはじめとしたインストリーム型広告が約70%ものシェアを占めており(※2)、多様化するユーザーのインターネット視聴態度と、広告主のニーズを広く汲みとれていないのが現状です。

このような背景を受け、マイクロアドではマルチデバイスへ配信する動画アドネットワークサービスの開発を進め、このたび「BLADE VIDEO」の国内提供を開始いたしました。
国内に先行して、動画広告市場が急激に伸張しているAPAC諸国にて先行販売を開始し、10月時点で100社にのぼる広告主に活用いただいており、売上規模としては3億円を突破しております。

「BLADE VIDEO」が提供するサービスの特徴は以下3点となります。
(1)MicroAd独自のターゲティング
月間450億以上のリクエスト数を誇る日本最大級の配信面に、マイクロアドが保有する4億ユニークブラウザーの属性データや提携先の各種データを使用したターゲティングが可能です。
これにより、出稿ニーズに合わせた約10億通りのターゲティングが可能となります。

(2)動画配信技術
動画配信技術に関しては、株式会社ソニックムーブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:大塚祐己)が運営する動画配信ソリューション「GUILE(ガイル)」と資本業務提携を行い、共同で商品開発を推進します。スマートフォンに関しては特大サイズでビジュアル訴求の高い独自広告フォーマットにて配信でき、ユーザーの動きにより広告枠が可変するメディアメリットも損なわない訴求方法を実現いたします。

(3)プレミアムメディアネットワークへの配信
自社の保有するSSPを使用した、プレミアムメディアへの配信を実現いたします。
また、優良なプレミアムメディアに配信したい広告主、優良な広告主の配信を受け付けたいメディア、不要な情報を閲覧したくないユーザーの三方を繋げるため「BLADE VIDEO STUDIO」を設立いたします。広告主とメディアとのベストマッチングを元にメディア特性に合わせた広告制作の一元提供を目指します。

マイクロアドは、今後も「BLADE VIDEO」における製品力や配信面の強化、多彩な配信プランメニューを用意する事で、2016年3月までに300社の導入を目指してまいります。

【配信サービス概要】
img_A

・BLADE VIDEO STUDIOを使用した配信イメージ
img_B

※1:「Digital Ad Spending Benchmarks By Industry」 eMarketer調べ
※2:「国内動画広告の市場調査」 サイバーエージェント/シード・プランニング デジタルインファクト調べ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加