ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.6.7

ニアー社、地図情報・消費者のリアル行動などを分析できる「Allspark」を正式ローンチ

最大規模のロケーションインテリジェンスプラットフォームを運営するニアー社(本社:シンガポール、日本オフィス:東京都渋谷区、以下 ニアー社)は、2016年6月6日(月)、新製品「Allspark」のグローバルローンチを発表しました。


「Allspark」は地図情報、消費者のリアル行動、デモグラフィック、興味・関心などを含むオーディエンスデータの可視化と分析、ならびにオーディエンスとのエンゲージメントを行うことが可能です。マーケティングのみならず、企業での多様な用途に活用することができるモバイルファースト・オーディエンスクラウドです。「Allspark」はニアー社のプラットフォーム上で作動します。

「Allspark」は多様なデータセットを活用して、ブランドや企業がターゲットとする消費者の行動や傾向を理解することを可能にします。また過去履歴及びリアルタイムのデータに基づいて、自社店舗の場所や、プリセットされているオーディエンスデータなどを組み合わせ、「Allspark」上に独自のルールに基づいたオーディエンスセグメントを作成できます。ブランドや企業はこれらのセグメントをモバイル広告配信などに活用し、潜在的な顧客にリアルタイムでリーチし、投資効果を最大化することが可能です。また店舗集客などへのアトリビューションも、「Allspark」上で計測し費用対効果を測定することができます。

「Allspark」では各オーディエンスはオーディエンスカードとして管理されます。オーディエンスカードでは一定期間内におけるアクティブオーディエンスの数、各オーディエンスの属性、特徴などの洞察がリアルタイムで得られます。特定のオーディエンスを任意の複数ロケーションでターゲットすると、これらロケーション間での実際のコンバージョン比較が可能になります。また、デジタルメディアの行動履歴に基づくオーディエンスとリアル行動に基づくオーディエンスを比較し、たとえばキャンペーンの反応を比較することで、マーケティング活動を最適化することもできます。ニアー社のプラットフォームには現在6,500万のロケーションデータベースがあり、常に更新を続けています。

ニアー社の創設者 CEOのアニール・マシューズのコメント
「Allsparkは、それぞれのブランドがいかにして消費者の動向を知り、消費者とリアルタイムでエンゲージメントしていくかに関する考えを大きく変えることになると思います。企業は様々なオーディエンスとロケーションを考慮したビジネスにおける投資の効果を測定・比較し、最適化を図ることが可能になります。Allsparkの最先端技術によって、企業は市場で優位に立つための手段と知見を手に入れることができると確信しています。我々の目標はデータドリブンなコンシューマーインサイトを手に届くようにし、最も必要とされるところで活用されるようにすることです。」

またさまざまなパートナー様から「Allspark」に対する期待の声をいただいています。

株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役 横山 隆治
“日本で最初となる位置情報を使ったオーディエンスプラットフォーム「Allspark」がブランド企業のデータ活用したマーケティング活動をさらに飛躍させることを期待している。“

David Sandler, Head of Media Products at Fetch
“Allsparkのインターフェイスは、他にはない方法で、複雑な現実世界とデジタル・データの世界を取り扱い、その意味を紐解き、アクセス可能でアクションがとれるようにしてくれます。Allsparkはとても直感的な操作が可能な製品で、すでに私たちの顧客に重要な価値を提供しています。”

Paul Meston, Head of Programmatic Greenhouse a GroupM company
“Allsparkはデータドリブンマーケティングに関する市場で最近もっとも革新的な製品のひとつです。この製品は私たちの顧客が、デジタル世界のデータと、リアルな現実世界のデータを織り交ぜ、リアルタイムにアクションを取る方法を変えてしまいます。またジオマッピングに関しての精度は、消費者の興味関心を表すさまざまな現実世界の場所と、屋外広告を密に組み合わせたデジタルの施策を、さまざまなマーケティング戦術に適用できることを可能にします。”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加