このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.13

ferret One運営のベーシック、「BtoBマーケ カオスマップ 2020年版」を公開

BtoBのWebマーケティングツール「ferret One」を提供する株式会社ベーシックは、近年増加しているBtoBマーケティングサービスについて、カテゴリごとにまとめた「BtoBマーケ カオスマップ」2020年版を公開しました。

ここ20年の急激なIT環境の変化により、BtoBの購買プロセスにおいて営業が見込み客と接する時間が減り、マーケティングが見込み客と接する時間が増えてきました。また、労働人口の減少や働き方改革の向上を背景に、より効率的で生産的なマーケティング活動が求められています。
このような背景から、BtoBマーケティング市場は近年存在感を増し、サービスが多様化しています。本マップでは、BtoBマーケティングを4つのプロセスに分類し、さらにオンライン・オフラインを網羅した35カテゴリーに分類しました。

1.リードジェネレーション
2.リードナーチャリング
3.セールス
4.カスタマーサポート

BtoBマーケ カオスマップ

各カテゴリの動向

【リードジェネレーション】
「リードジェネレーション」は、自社の商品やサービスに興味を示す見込客を獲得する活動、およびプロセスのことです。株式会社トライベック・ブランド戦略研究所の調査によると※1、BtoB顧客の64.8%が、製品・サービスの購入のために最もよく参考にする情報源は「企業Webサイト」であると回答しており、「営業員・技術員の説明」を上回っています。「リードジェネレーション」と言われるマーケティングの段階で見込み客と直接コミュニケーションを図る企業が増えてきたことで、各種サービスが活用されています。

【リードナーチャリング】【セールス】
「リードナーチャリング」は、すでに獲得した見込顧客と継続的な関係を持ち、徐々に購買意欲を上げることによって実際の購入に結び付けていく活動、およびプロセスのことです。「セールス」は、商談を通じて、購入を検討している顧客に買う決断をしてもらう活動、およびプロセスのことです。

財務省の調査によると、労働人口減少の中でもとりわけ営業人員の減少は著しく※2、「リードナーチャリング」、「セールス」のプロセスの改善は急務です。企業によっては訪問営業を減らして内勤営業(インサイドセールス)を新たに組織するなどの対策を始めてきていますが、BtoBのWebサイト運営やリード獲得活動には、まだ多くの労力と時間がかかっているのも事実です。そうした中、これまで人力で対応していた業務をオンラインツールが代替したり、外部リソースを活用したりする機会が増えてきています。

【カスタマーサポート】
購入後の導入サポートや問い合わせ対応といった「カスタマーサポート」および、顧客の事業成長を促進する「カスタマーサクセス」のプロセスのことです。特に最近ではサブスクリプションモデルを採用するBtoBビジネスが増えてきており、解約率防止のためにも重要視されています。

「ferret One」について

ferret Oneは、企業が行うBtoBマーケティングの効率化を目指すWebマーケティングツールです。

誰でも簡単にページのレイアウトや編集ができるCMS機能で、これまで外注にかかっていたコストをカット。複数のツールをまたがずに、メールマーケティングやLP制作など必要な施策実行できる環境の提供と、BtoBマーケティングの戦略サポートにより、マーケティング担当者の業務を改善します。

ferret Oneではこれからも「BtoBマーケティングの成果をあげたい」「新規事業のBtoBサイトをリーンに立ち上げたい」「サイトをリニューアルしたい」といった要望をお持ちの企業様に対して、売上につながるサイト改善と、マーケ施策が簡単に実行できるWebマーケティングツールを提供し、実績に基づいたノウハウでサポートしてまいります。

https://ferret-one.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加