このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.3.30

ホットリンク、Instagramマーケティングの支援を開始

UDSSAS

SNSマーケティング支援を行う株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役会長:内山幸樹、以下ホットリンク)は、Instagramマーケティングの支援サービスを開始したことを発表いたします。

背景および内容

ホットリンクは、 SNS時代の購買行動プロセス「ULSSAS(ウルサス)」を提唱するなど、保有しているソーシャルビッグデータとデータ解析技術を活用し、ソーシャルメディアを活用して売り上げにつなげるメソッドの確立を進めてまいりました。

このたび、Instagramについての研究を進め、Instagram特有のユーザー行動を「UDSSAS(ウドサス)」としてまとめることができました。さらに、Twitterマーケティング支援で培った売上アップにつながるSNS活用の戦略設計、UGC創出ノウハウをもとに、Instagramの活用支援サービスを開始しました。

拡散やSNS検索に大きな影響力のある国内主要SNSのTwitterとInstagramを有機的に組み合わせて活用することができ、より高い成果を得られるようなご支援が可能になります。

UDSSAS(ウドサス)とは

UDSSASは、Instagram世代の購買行動プロセスを表したフレームワークです。Instagramをコミュニケーションツールや情報収集ツールとして活用している世代特有のユーザー行動を活かし、UGC(ユーザーのクチコミ)を活用して費用対効果に優れたマーケティングを行っていくためのものです。

UDSSASとは、以下の頭文字を取ったものです。

U:UGC(ユーザーによる投稿)
D:Discover(投稿を発見)
S:Save(保存)
S:Search(詳細検索)
A:Action(購入)
S:Share(共有)

具体的に解説すると、以下のようなユーザー行動の流れを指します。
1)「この食べ物美味しい!」とユーザー投稿される
2)フォロワーや発見タブを通じて投稿と出会う
3)気になったら保存をする
4)興味関心が深まったら詳細検索をする
5)購入する
6)自らもまた投稿し、共有する

UDSSASは消費者の投稿を起点にして回っていく仕組みです。このUDSSASをうまく構築することができれば、莫大なコストをかけなくてもInstagram上で商品が広まり、購買につながるようになっていきます。

Instagramマーケティングサービス詳細

今やInstagramは、ユーザー数は3,300万人を超え、親密なコミュニケーションの中心地になろうとしつつあります。世間一般的には「映え」のイメージが強いですが、実際には使われ方は多様化しています。

InstagramはIGTVやインスタライブ、ショッピング機能を搭載するなど、認知から購買から推奨まで購買行動プロセスのすべてのフェーズを抑えようとしており、Instagramを活用したマーケティングが不可欠なものになりつつあります。

具体的なサービス内容は以下のとおりです。

・Instagram活用コンサルティング
UDSSASをはじめとする最先端のノウハウをもとに、成果創出を支援いたします。独自のInstagram活用カリキュラムによるノウハウのご提供のほか、御社のマーケティング戦略に連動した売上アップにつながるInstagram活用戦略の策定支援、施策方針のご提案をします。UGCが自然に生まれるサイクル構築を支援します。

・Instagram広告運用代行
即効性のあるInstagram広告によっても良質なフォロワーを獲得し、強固な拡散基盤を構築します。また、UGC創出やプロモーションのための広告配信のご支援も可能です。写真広告、動画広告、カルーセル広告、ストーリーズ広告、発見タブ広告、ブランドコンテンツ広告など、様々な広告の種類のご提供が可能です。

・Instagram運用代行
アカウント運用のリソースがない企業向けに、ホットリンクのInstagramスペシャリストチームが、運用を代行します。

サービスサイトURL:

https://www.hottolink.co.jp/service/instagram/

Instagramマーケティングの研究をリードした、ホットリンク総研研究員・朝山のコメント
私たちはInstagram上で起こっているトレンドとユーザー行動の理解、アルゴリズム研究を重ね、企業がInstagramを活用して売上につなげる独自のノウハウを構築してきました。Instagram活用でお悩みの方はぜひご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加