このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.7.20

ヒトクセの視線推測A I「GazeAnalyzer」、「Facebook」、「Instagram」でも広告配信可能に

「GazeAnalyzer」を導入しているウェブサイトに訪れたユーザーの視線動向をA Iを用いて推測することで、「どのコンテンツに興味を示したのか」、「どのコンテンツに興味を示さなかったのか」を特定し、ユーザーの興味に合わせた広告配信がFacebookやInstagramで可能となりました。

ToBサービスに関するデジタルプロモーションで定評のあるFacebook広告での配信が可能となったため、直接的なターゲティングが難しいToBサービスに関するプロモーションにおいても、GazeAnalyzerの視線データが有効にご活用いただけます。

GazeAnalyzer

【サービス詳細】
「GazeAnalyzer」とは、サイト内のどの要素を「見た」のかを把握することでユーザーの関心を可視化する視線推測 A I システムです。
スマートフォンのインカメラを使わずに、スマートフォン上でのタップ動作やスクロールの動きのパターンから、ユーザーの視線を予測します。そのためユーザーのプライバシーを守りながら情報の取得が可能となります。

視線推測をすることにより、EC サイトや Web メディア内のコンテンツ効果を定量的に測ることができ、 UX の改善やクリエイティブ、広告の最適化を図ることができます。
(GazeAnalyzerの詳細はこちら→https://gaze-analyzer.com/?source=press


  • このエントリーをはてなブックマークに追加