このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.21

Speee、企業のDX支援促進を目的としデータミックス社とアライアンス強化

Speeeは、高度人材のスクール事業やビジネス研修などを手掛けるデータミックスとのアライアンスを強化し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のための人材育成サービスの開発と提供に関して協業を開始いたしました。

まずはその一環として、マーケティングDXをリードできる高度人材の育成カリキュラムを共同で作成し「マーケティングマネージャー養成講座」として一般に販売開始いたします。また今後、同様のカリキュラムを企業向けの研修プログラムとして提供していくなど、企業のDX支援に関しても戦略的に取り組んでまいります。

speee データミックス

■アライアンス強化の背景
昨今、社会的なDXニーズが急速に高まる一方で「DXを推進できる人材の不足」が大きな課題とされています。AIの普及などに伴って専門技術を持った人材は増えてきましたが、まだ十分ではありません。しかしそれ以上に、彼らをうまく活用してDXを推進できるリーダー人材が特に不足してきています。

これは、彼らに求められる人材要件が高いことに加え、まだ日本社会に彼らをインキュベートする土壌が少ないことが要因として挙げられます。
デジタル技術やデータを活用したビジネスの変革をデザインし、それを組織的な取り組みとしてリードしていくためには、最新のITリテラシーのみならず、ビジネスパーソンとしての高い成熟性も求められます。

この2つのリテラシーを存分に発揮し、ビジネスを成功に導くような経験を積める環境はまだまだ少なく、ごく限られた一部の企業の中に人材が囲われている状態と言えます。
こういった状況において、DXに特化した事業の複数立ち上げを通じて、DX推進に必要な能力や環境を科学してきたSpeeeと、高度人材の育成カリキュラムの作成及び教育実施に強いノウハウを持つデータミックスが協業することで、潜在的ポテンシャルを持つビジネスパーソンに対するDX教育を行い、国内のあらゆる産業の中からDXリーダーを生み出してまいります。
具体的には、スクールを通じて育成した人材を実務環境に斡旋し、DXコンサルティングサービスとセットでサポートしていくことで、企業のDXが本格的に進む状態を実現してまいります。

また、そのようなDXへの取り組みがコンスタントに継続するよう、企業内のリーダー/マネージャー層への研修を通じてDXリテラシーのインストールを進めていきたいと考えております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加