ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.1.4

ネットメディアの編集体制交代が相次いだ2021年の年初

2021

2020年は新型コロナの影響で、PVは増加したものの広告案件数や単価の下落に苦しむことも多かったネットメディアですが、2020年末から2021年初にかけて主要なネットメディアでの編集体制の交代のニュースが続出しましたので、まとめました。

NewsPicks

ユーザベースグループの株式会社ニューズピックス(NewsPicks)及び株式会社NewsPicks Studiosは、2021年1月から新しい経営体制に移行しました。CEOが梅田氏から坂本氏に変わります。また、NewsPicksの取締役とNewsPicks Studiosの代表取締役を務めていた佐々木紀彦氏が、2020年12月末をもって退任し独立を発表しました。

Business Insider Japan

2020年1月より、メディアジーンが運営するビジネスニュースメディア『Business Insider Japan』の新編集長として、伊藤有氏が就任しました。浜田敬子氏は引き続き統括編集長として、有料版として新たにスタートする予定の「BI PRIME」を担当に。

「J-CASTニュース」「Jタウンネット」

「J-CASTニュース」の新編集長に込山翔氏、「Jタウンネット」の新編集長に横田絢氏が就任。「J-CASTニュース」前編集長の竹内翔氏はニュース事業本部 本部長補佐に就任し、新サイトの企画や立ち上げなどを担当に。

アゴラ

アゴラ研究所が運営する言論プラットフォーム「アゴラ」の新編集長に、2021年1月1日、恩田和氏が就任。アゴラ初の女性編集長。

TechCrunch Japan

こちらは悲しいニュースですが、かねてより病気療養中であったTechCrunch Japan編集長の吉田博英氏が2020年12月31日、49歳にて永眠。ご冥福をお祈り申し上げます。

2021年はネットメディアの再編あるか

米国では2020年BuzzFeedがVerizon MediaからHuffPostを買収し、Verizon MediaがBuzzFeedに出資するという形での再編がありました。またユーザベースがQuartzを売却したことも話題となりました。一方で大きな再編のニュースは少なかった国内のネットメディアですが、2021年は何か大きな動きもあるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加