ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.5.27

GMOサーチテリアの「GMOSSP for Smartphone」、サイバーエージェントの成果報酬課金型DSP「Smalgo」に接続

GMOインターネットグループのGMOアドパートナーズ株式会社(代表取締役社長:高橋信太郎 以下、GMOアドパートナーズ)の連結会社で、モバイル・スマートフォン領域の広告配信システムの開発・運用を行うGMOサーチテリア株式会社(代表取締役社長:中橋義博 以下、GMOサーチテリア)は、スマー
トフォン向けSSP(※1)「GMOSSP for Smartphone」において、本日2014年5月26日より、株式会社サイバーエージェント(代表取締役社長:藤田晋 以下、サイバーエージェント)が提供するスマートフォンに特化した成果報酬課金型DSP(※2)「Smalgo(スマルゴ)」との接続を開始いたしました。

—————————————————
【「GMOSSP for Smartphone」の「Smalgo」との接続について】
—————————————————
 現在「GMOSSP for Smartphone」では、広告を掲載していただくメディア様(スマートフォンアプリ運営者)の収益最大化を支援するため、国内外のDSPとの接続を積極的に進めております。「GMOSSP for Smartphone」の接続先の増加によって、より多くの広告をメディア様へ配信することができ、メディア様の収益増加が期待できます。
 これまでの約20件の接続先に加え、今回、「Smalgo」と接続を開始したことで、「GMOSSP for Smartphone」をご利用のメディア様へ「Smalgo」から配信されるRTB(※3)広告を提供することが可能となりました。

※1:SSP(Supply Side Platform)とは、複数の広告案件を一元管理し、配信される広告の最適化や、RTB(リアルタイムビディング/広告の入札)などを可能にする、メディア(アプリ)側の広告収益を最大化するためのサプライサイド(メディア側)の広告管理プラットフォーム
※2:DSP(Demand Side Platform)とは、広告のインプレッション(露出)が発生するたびに閲覧ユーザーの属性や広告の掲載面などの情報を分析し、より効果の高い広告枠のバイイング(仕入れ)から配信までを効率的に行う、広告主向け統合プラットフォーム
※3:RTB(Real Time Bidding)とは、メディアに適した広告を配信するべく、広告枠の1インプレッションごとに入札を行う買い付け方式。

————————————————
【サイバーエージェントの「Smalgo」について】
————————————————
 「Smalgo」は、最適な広告配信ロジックを用いて自動分析・自動学習を行う、スマートフォンに特化した広告取引プラットフォームです。独自の広告配信アルゴリズムを元に、目標CPA(獲得単価)に合わせた広告配信面・配信ユーザーの精査と価格付けを実現するため、企業の広告効果最大化が図れま
す。また、インプレッション課金での学習期間を終えた後は、成果報酬課金で広告配信ができ、企業は獲得単価を重視しながら、より好条件の広告出稿をすることが可能です。

—————————————————
【GMOサーチテリアの「GMOSSP for Smartphone」について】
—————————————————
 「GMOSSP for Smartphone」は、スマートフォン向けサイト・アプリを運営するメディア様が、広告からより高い収益を得られる仕組みを提供するサービスです。
 メディア様は、「GMOSSP for Smartphone」を活用することで、GMOアドパートナーズおよびGMOサーチテリアが提供するアドネットワークや、DSP各社との接続によるRTB広告など複数のアドネットワークから最も収益性の高い広告の選択肢をインプレッション単位で選出することが可能となります。これにより、効率的でより収益を得られる広告配信が可能になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加