ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.11.13

Vizury、グローバル戦略の見直しにより、2016年1月31日をもって日本オフィスの閉鎖を決定

ビッグデータ・マーケティングカンパニーのビズリーは2016年1月31日をもって、一切の日本国内の営業活動を終了することを発表します。 この決定は 、グローバル化戦略の見直しとリターゲティング広告配信ビジネス事業からデータ・マーケティング・プラットフォームのエンゲージ 事業への経営資源集中への移行によるものです。ビズリーは 、2016年1月31日まではリターゲティング サポートは継続いたします。

2015年初頭に、クロスチャネルを通し、パーソナライズされた顧客エンゲージメントを支援する、データ・マーケティング・プラットフォームであるエンゲージを発表いたしました。以下Vizury CEOチェタン・クルカルニのコメントです:「我々はリターゲティング広告配信サービスから、パフォーマンス・マーケティング・ハブになる為のビジョンを追求する事を決定いたしました。この戦略変更により、今後2年を掛けて様々なマーケティングチャネルをカバーして行く事になるでしょう。」
「大変残念ながら、我々は日本オフィスを閉鎖しなければならないとの決断をいたしました。しかし、我々は 、全ての既存顧客のリターゲティング・キャンペーンを 上記期
間内は責任を持ってサポートいたします。閉鎖以降も、インドバンガロール本社から日本へのサービス提供について、日本の代理店様と可能性を探って参りますので引き続きよろしくお願いします。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加