ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.3.8

DSP『Logicad』、ヒトクセが運営する 『Smart Canvas』と連携した広告配信を開始

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:地引 剛史)は、この度、DSP(*)『Logicad』において、株式会社ヒトクセ(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 宮崎航)が運営する『Smart Canvas(スマートキャンバス)』との連携を開始いたしました。


『Smart Canvas』は、動画やインタラクティブなリッチメディア広告を制作、配信することを目的としたサービスです。特徴は、最新技術(HTML5やCSS3)を組み合わせることで、従来の静止画よりも多彩な表現の広告を制作できるほか、対応デバイスもPC、タブレット、スマートフォンでの広告配信が可能なため、様々な用途での利用が拡がっています。

広告出稿企業は、今回の連携によって、動画広告をはじめとするリッチメディア広告や高解像度の静止画広告を配信することが可能になります。さらに動画広告との親和性から、昨年秋より提供を開始した『Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告』との連動も可能なため、さらなる広告効果の向上が期待できます。

* DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム

ソース:

http://www.so-netmedia.jp/company/news/2016/pr_release_20160308.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加