ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.3.6

トランスコスモス、IBMのキャンペーン・マネジメント・ソリューション IBM CampaignとIBM Marketing Centerの販売を開始

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、オンラインとオフラインのマルチチャネル・キャンペーンにおけるプロセスを統合管理するソフトウェア「IBM® Campaign(旧称Unica Campaign、キャンペーン、以下:Campaign)」および、オンラインキャンペーンのパーソナライズを支援するクラウドサービス「IBM Marketing Center(マーケティングセンター、以下:Marketing Center)」の正規販売代理店として、両ソリューションの販売と、支援サービスの提供を開始します。

企業が蓄積する会員情報・購買履歴・Webアクセス履歴などの貴重なマーケティングデータは、担当部門ごと、または業務アプリケーションごとに管理されているのが一般的です。Web、スマートフォン、Eメール、DM、コールセンターなど、企業内に散在するオンラインとオフラインのチャネルデータを有効活用することによって、個々の顧客の複数チャネルにわたる購買行動に基づいた、より精度の高いOne to Oneコミュニケーションを実現することができます。

マルチチャネル・キャンペーンのプロセスを統合管理するCampaignは、誰に・いつ・どんなオファーを・どのチャネルで届けるのか、複数のマーケティングデータを活用したチャネル横断的なキャンペーンの設計を行い、その実行、効果検証のプロセスを自動化することで、キャンペーンの効果・効率を向上させます。また、オンラインキャンペーンのパーソナライズを支援するMarketing Centerは、メール配信、Webサイトのパーソナライゼーション、A/Bテストなどの、通常は個別に提供される複数のマーケティングツールの機能を標準装備し、顧客のオンライン行動に応じてパーソナライズされたマーケティングアクションの設計・実行・自動化をワンストップで行うことができます。

両ソリューションは、同じくIBMのSaaS型Webサイト最適化ソリューションIBM Coremetrics Web Analytics(コアメトリクス・ウェブアナリティクス、以下:Coremetrics)とシステム連携しており、Coremetricsで収集・分析したWebサイトのアクセスデータをシームレスに利用することができます。トランスコスモスはCoremetricsの正規代理店としての販売実績と導入ノウハウを活かし、Campaign、Marketing CenterおよびCoremetricsを活用した、個々の顧客に対するマーケティングアクションの最適化・自動化の支援サービスを拡充します。

さらに今後は、トランスコスモスのコールセンター事業、デジタルマーケティング事業との連携を強化し、VOC(Voice Of Customer)、ソーシャルネットワーク上のデータ、広告の配信データ、Eメールデータ、ECサイトの販売データなどのさまざまなデータを用いた統合型マーケティングキャンペーンを推進し、企業の売上拡大に貢献していきます。

Coremetricsで分析したセグメントユーザーデータをCampaignおよびMarketing Centerとシームレスに共有することが可能
トランスコスモス IBM

■IBM Campaign(旧IBM Unica Campaign)について
IBM Campaignは、金融、保険、小売、通信、旅行およびサービス業など、全世界で1500社以上に採用されている先進的マルチチャネル・キャンペーン・マネジメント・ソフトウェアです。オンライン・オフラインのデータベースおよびメール配信システムなどのマーケティングツールとダイレクトにシステム連携することで、企業内に散在するチャネルデータを有効活用し、部門横断的なマーケティングキャンペーンをサポートします。専門的なスキルやシステム開発の必要なく、個々の顧客の複数チャネルにわたる購買行動に基づいた、最適なマーケティングアクションの設計、実行、分析、改善のサイクルをマーケティング部門主導によって迅速に行うことが可能です。

特長
複雑なマルチチャネル・キャンペーンの設計・実行・分析・改善を一元管理
フローチャートやドラッグ&ドロップによる直感的な操作性
オンライン・オフラインのデータベース、各種マーケティングツール、SaaS型Webサイト最適化ソリューションCoremetricsをはじめとするIBM Digital Marketing Optimization Solutionと簡単に連携し、機能拡張可能
個々の顧客の行動履歴、オファー内容、反応など、すべての履歴に基づいてキャンペーンを最適化
キャンペーン効果を可視化する50以上のレポートテンプレートを装備
■IBM Marketing Centerについて
IBM Marketing Centerは、Webサイトを訪れる顧客の行動履歴およびインポートされたオフラインデータから個々の顧客ニーズやステータスを把握し、最適なマーケティングアクションを実行するクラウドサービス型のキャンペーン・マネジメント・ソリューションです。メール配信、コンテンツ配信など、通常は個別に提供される複数のマーケティングツールの機能を標準装備し、ターゲティングメールの配信、Webコンテンツのパーソナライズ、A/Bテストなどをワンストップで実行することができます。マーケティング担当者が直感的に操作できる操作性、キャンペーンシナリオの自動化により、複雑なマルチチャネル・キャンペーンの人的エラーを最小化し、キャンペーンの効果・効率を最大化します。

特長
オンライン行動履歴のリアルタイム分析に基づき、パーソナライズされたマーケティングアクションを実行
Eメール配信、Webサイトパーソナライゼーション、A/Bテスト、ターゲットリスト抽出機能を装備
オフラインの顧客データや販売実績をインポート可能
単体利用のほか、SaaS型Webサイト最適化ソリューションCoremetricsをはじめとするIBM Digital Marketing Optimization Solutionとの連携による拡張性

http://www.trans-cosmos.co.jp/special/digitalmktg/campaign_solution.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加