ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2017.4.25

LinkedIn、リターゲティングとCRMデータベースのターゲティング機能をリリース

Introducing LinkedIn Matched Audiences

LinkedInは、ターゲティング広告機能を大幅にアップデートしたことを発表しました。新機能は、リターゲティング系の機能とCRMデータとLineKedInデータを掛け合わせたターゲティング機能の2つに大きく分けられます。

Matched Audiences

広告主のCRMデータなどの1st partyデータとLinkedInのもつオーディエンスデータをマッチさせてターゲティングするCRMデータベースのターゲティング機能となります。

Website Retargeting

その名の通りですが、再訪問させたいWEBサイトへのリターゲティング広告となります。

Account Targeting

企業名をリストアップしたCSVをLineKedInにアップロードし、対応する企業のユーザーにターゲティング広告を表示させる機能となります。

Contact Targeting

Marketo、Oracle、LiveRampなどのマーケティングプラットフォームでのコンタクトリストやメールアドレスのリストなどをLineKedInにアップロードし、ユーザーに再度コンタクトを取ることを目的にしたターゲティング機能になります。

以上のターゲティング機能の拡充により、ある意味ようやくLineKedInでも豊富なターゲティング広告を配信することが可能になりました。
Facebook等と比較するとかなり遅れての参加ですが、企業単位でのターゲティングには強みがあるSNSであるためB2Bマーケティングなど今後の活用法に注目です。

https://business.linkedin.com/marketing-solutions/blog/linkedin-news/2017/introducing-linkedin-matched-audiences0


  • このエントリーをはてなブックマークに追加