ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.6.25

「OpenX Market Japan」、スマートフォン領域においてマイクロアドのSSP「MicroAd AdFunnel」と接続、RTB取引を開始

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:新澤 明男 以下 cci)は、スマートフォン広告領域におけるRTB(※1)市場を活性化させるため、オンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」において、株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:渡辺 健太郎 以下 マイクロアド)のSSP(※2)「MicroAd AdFunnel」との接続を完了いたしました。

cciが運営する「OpenX Market Japan」は先行してPCディスプレイ領域においてオンラインアドエクスチェンジ事業を展開しておりましたが、この度、スマートフォン広告領域においてもマーケットを拡大すべく、新たに「MicroAd AdFunnel」と接続いたしました。なお、「MicroAd AdFunnel」がRTB取引においてスマートフォン広告在庫を外部供給するのは、今回が初の試みとなります。

従来のスマートフォン広告においては、アドネットワークを中心にCPC課金(クリック課金型)での取引が主流でしたが、RTBによるCPM課金(インプレッション課金型)での高単価な取引を拡大させ、広告在庫の効率的なマネタイズ、広告収益のさらなる向上が期待できます。

この度の「MicroAd AdFunnel」との接続により、「OpenX Market Japan」経由でRTBによる買い付けが可能な広告在庫を増やすことで、DSP(※3)事業者様との接続を加速し、マルチデバイスに対応したオンラインアドエクスチェンジへの参画促進を進めてまいります。

「OpenX Market Japan」は、今後もさらに媒体社様、SSP事業者様、アドネットワーク事業者様とのRTB接続を進め、2013年度内にスマートフォン領域の広告配信可能在庫として、月間150億インプレッションを目指し、スマートフォン広告市場を牽引してまいります。

※1 RTBとは
リアルタイムビッディング(Real Time Bidding)とは、インターネット広告の入札の仕組みで、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する方式のことです。

※2 SSPとは
サプライサイドプラットフォーム(Supply-Side Platform: SSP)とは、インターネット広告において、媒体社(メディア)様の広告枠の販売や広告収益の最大化などを支援するツールならびにサービスのことです。

※3 DSPとは
デマンドサイドプラットフォーム(Demand-Side Platform: DSP)とは、インターネット広告において、広告主様や広告会社様が、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティングなどを一括して行うツールならびにサービスのことです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加