ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2018.8.2

シエルコ、AIが検索広告の運用を提案する「Ogive」をリリース

広告運用の現場の働き方改革ツール。検索広告の運用において必要な統計処理をAIが対応。入札単価の提案、広告運用の採点化、予算管理機能まで提供。
インターネットサービスを展開する株式会社シエルコ(本社:東京都中央区、代表取締役:古城剛、以下当社)は、インターネット広告の検索連動型広告の運用をAIが提案するOgive(オジーブ)をリリースしました。


Ogiveは、検索広告運用の統計的な処理をOgiveのAIが運用をサポートします。

入札単価の提案:自動運用だけではなく提案機能を搭載
入札単価の提案:自動運用だけではなく提案機能を搭載

Ogiveを利用することで、検索広告運用の現場において状況判断するための大量のレポートを必要とせず、AIが統計処理を行なうことで広告運用の工数を削減でき、広告効果の改善も期待できるサービスです。OgiveではAIの自動運用だけではなく、入札単価を“提案する”ことに留め、AIの強みである統計処理にフォーカスをあてています(自動運用機能も有)。また、AIが広告運用の採点値および偏差値を提供し、広告効果だけではない広告運用の良し悪しを判断する機能を搭載しました。

入札単価の提案:現在とのGAPを提案
入札単価の提案:現在とのGAPを提案

ある広告代理店で本サービスをテスト運用したところ、広告効果の改善に繋がっただけではなく、月間60時間の運用時間の削減に繋がり帰宅時間が早まったことから働き方改革ツールとしての利用も期待しています。 

テストケースではOgive導入により月間60時間の工数削減を実現。
テストケースではOgive導入により月間60時間の工数削減を実現。

<Ogiveが提供するAIコンテンツ>
・入札単価の提案 機能(自動化も可能)
・採点・偏差値 機能
・広告費用の予算管理 機能

採点機能、他社と運用状況を比較する偏差値機能を搭載
採点機能、他社と運用状況を比較する偏差値機能を搭載

*サービス名:Ogive(オジーブ)
*サービスURL:https://ogiveai.com/
*サービス概要:AIが検索広告の運用をサポートします。入札単価の提案、広告費用予測、広告運用の採点機能の大きく3つのコンテンツを提供します。

Ogiveの3つのサービス。入札単価提案、採点機能、予算管理機能
Ogiveの3つのサービス。入札単価提案、採点機能、予算管理機能

株式会社シエルコ 会社概要

住所:東京都中央区東日本橋2-28-4日本橋CETビル
事業内容:Webコンテンツ事業、システム開発事業
代表取締役:古城 剛
資本金:300万円
設立:2003年1月
運営サイト:https://ogiveai.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加