このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.7

阪急アドエージェンシーと阪急デザインシステムズが経営統合し新会社「阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社」へ

阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社

株式会社阪急アドエージェンシー(本社:大阪市北区、代表取締役社長:三宅良明)と、株式会社阪急デザインシステムズ(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:橋本裕一)は経営統合し、2020年4月1日 、阪急阪神ホールディングスグループ(以下、阪急阪神HD)とエイチ・ツー・オー リテイリンググループ(以下、H2O)の共同出資による新会社「阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社」として新たなスタートを切りました。

【ビジョン】
ブランドの存在価値を原動力に解決策を考える
パーパス・ドリブン・マーケティング・カンパニー

当社は、阪急・阪神・北急の交通広告で培ったメディア力と、阪急・阪神百貨店を中心とした広告で培ったクリエイティブ力といった従来からの強みに加え、阪急阪神HDとH2O、両グループの事業を通じて蓄積されるデータ資産をはじめとする様々なデータの活用力を新たな強みとしていきます。データを活用した生活者理解に基づき、社会・企業の課題を発見。そこから見出した商品・サービス等のブランドの存在価値(パーパス)を原動力として解決策を考える「パーパス・ドリブン・マーケティング・カンパニー」として、ブランドやビジネスの価値開発の段階から体験の仕組み作り、広告コミュニケーションまで幅広い事業展開を目指します。

今後、データアナリストやデジタルマーケターなど、強化領域における専門人材の採用強化や、専門性の高いスタートアップ企業とのアライアンスを積極的に行うなど、スピード感をもってビジョンの実現に取り組んでまいります。

【ミッション】

新しい文化を、共に創る。

阪急阪神マーケティングソリューションズの母体である阪急阪神HDとH2Oは、鉄道、百貨店、スーパーマーケット、住宅・都市開発、エンタテインメント、旅行、ホテルなどの事業を通じて、豊かな生活文化の発展に寄与してきました。当社は、価値創造のパートナーとして、クライアントと共に、生活者と共に、新しい文化を創り、世の中を楽しくする存在でありたいと考えます。

阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社 概要

1:商号
阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社
2:代表者
代表取締役社長   三宅良明
代表取締役副社長 橋本裕一
3:所在地
〒530-0015 大阪市北区中崎西 2-4-12 梅田センタービル 26F
4:URL

https://hhms.co.jp/

5:設立日
2019年12月26日
6:資本金
1,000万円
7:出資比率
阪急電鉄株式会社 51%(6月に阪急阪神ホールディングス株式会社に全株譲渡予定)
エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 49%
8:従業員数
311名(2020年4月1日現在)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加