このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.26

Crevo、VOYAGE VENTURESなどから約2億円の資金調達

動画制作プラットフォームを提供し7,000名以上のクリエイターとともに、数多くの動画制作を手がけてきたCrevo (クレボ)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田憲佑、以下「Crevo」)は、株式会社VOYAGE VENTURES(本社:東京都渋谷区、代表取締役:永岡 英則)、山口キャピタル株式会社(本社:山口県山口市、代表取締役社長:森脇不知奈)、きらぼしキャピタル株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:陣内 伸夫)、他3社を引受先とする第三者割当増資により総額約2億円の資金調達を実施しました。

資金調達の背景と目的

この度の資金調達は、日本最大級のクリエイター登録数7,000名を誇る「Crevo Jobs」の更なるプラットフォーム化とサービス開発の強化を目的に実施しました。
動画広告市場は2019年には2,592億円(昨年対比141%)※1と年々伸びており、今後も伸び続けると予測されています。現在、動画は広告だけではなく、採用や社内報、オペレーション・製品マニュアルなど非広告領域における活用も広まってきています。これまで紙や人から伝えていたことを動画に切り替えることによって効率化を図る流れは、今後も拡大すると考えられます。
しかし動画のニーズが年々高まる中において企業では予算、スケジュール、求めるスキルなどといった、つくりたい動画の細かな要件にフィットするプロ動画クリエイターとの出会いがなく、うまく動画を活用できないといった声がありました。

その課題を解決するために誕生したのが「Crevo Jobs」。ここには国内外の約7,000名の登録クリエイターが所属しており、企業の要望に合わせて、最適なクリエイターと出会うことを可能としました。低価格で制作したい、クオリティにこだわりたい、短納期で制作を依頼したいなど幅広い依頼も受けることができます。Crevoの持つ動画制作会社としてのノウハウを活用し、企業もクリエイターもお互いにメリットを感じながら動画制作に取り組めるプラットフォームへと進化させていきます。

Crevo

今後の展開

Crevoは、「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる」をミッションに掲げ、2012年6月に設立しました。提供する動画制作クリエイタープラットフォームには、累計7,000名以上の経験豊富なクリエイターが在籍しています。この国内最大級の動画クリエイターのネットワークを活用し、動画クリエイティブ制作の細かな要件にフィットするプロクリエイターと企業をマッチングし、迅速な体制構築をアシストする「Crevo Jobs」(https://jobs.crevo.jp/)や、クリエイティブ制作を効率化するための制作管理ツール「Crevo Base」(https://base.crevo.jp/)などを運営しています。Crevoは今後の動画広告市場の成長や5G(第5世代移動通信システム)の到来を受け、各社との事業連携も視野に入れ、さらなる事業の拡大に向けた取り組みを行っていきます。

第三者割当増資割当先の概要

株式会社VOYAGE VENTURESについて
代表者:代表取締役 永岡 英則
設立日:2011年3月25日
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
資本金:1億9,800万円(資本準備金含む)
株主:株式会社VOYAGE GROUP(100%)
URL :http://voyage-ventures.com/

山口キャピタル株式会社について
代表者:代表取締役社長 森脇 不知奈
設立日:1996 年4月
本社所在地:山口県山口市小郡下郷1229番地6
URL:http://yamaguchi-capital.co.jp/

きらぼしキャピタル株式会社について
代表者:代表取締役社長 陣内 伸夫
設立日:2018年9月3日
本社所在地:東京都港区南青山3-10-43
株主:株式会社東京きらぼしフィナンシャルグループ(100%)
URL :http://kiraboshi-capital.co.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加