このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.4

電通デジタル、予測モデルを活用した営業活動コンサルティングサービスを開始

電通デジタルは、ナレッジコミュニケーションと協業し、企業の営業活動において、顧客の購買、解約、嗜好性などの予測モデルを「説明可能なAI(explainable AI:以下XAI)」の手法を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスを提供開始します。

これまでAIが苦手としていた複雑な予測結果の根拠を利用者に説明することができ、予測モデルを実際に活用する営業現場において、担当者が分析結果に納得した上で確実な営業活動を行います。なお、すでに実施したプロジェクトの成果として、見込み顧客からの「受注率」や若手スタッフの「アプローチ成功率」において大幅な改善結果が得られました。

昨今、企業活動においてデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が経営課題の1つとされており、顧客と対面する営業現場においては、オンライン商談の必要性が増し、それに伴うデータ活用のニーズも高まっています。なかでも、自社データ(1st Partyデータ)を統合し顧客の購入確度や継続受注など購買の予測モデルを構築する際に、膨大な自社データをAI/機械学習を活用することで最適なアプローチに繋げようとするケースが増えています。

一方で、多くの企業が、AI/機械学習のPoC(Proof of Concept:概念実証)で開発した予測モデルの結果が、現場で活用されずに実運用に至らないという課題に直面しています。要因として、ウォーターフォール型でPoCの工程を着実に段階的に進めていくプロセスが定着しており、開発途中での変更、追加が困難なことが挙げられます。

本サービスでは、アジャイル型によってXAIを用いた予測モデルのプロトタイプを素早く構築し、予測結果を利用する現場スタッフや営業担当者からのフィードバックの反映と改善を高速で繰り返すことで、現場のニーズに沿った営業アタックリストや顧客プロファイルシートを迅速に提供します。

さらに、この度ナレッジコミュニケーション社と協業し、同社が導入支援をするAI/機械学習に特化した統合データ分析基盤である「Databricks」(データブリックス)※を活用することで、エンタープライズレベルのデータ処理を高速に開発・分析できる環境をスピーディーに構築します。自社に開発環境を保有しない企業でも可能で、環境構築を含め3~6ヵ月の短期間でPoCを実施します。本サービスを通じて、迅速かつ高水準の分析結果から営業活動を行い、実行後の課題抽出、改善のPDCAにおいても当社が伴走することで、事業成果の最大化を実現します。

電通デジタル

電通デジタル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加