このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.15

電通、CVCの組成から運営までワンストップ支援サービスを開始

電通は、事業共創プロジェクトDentsu JAM!※1のサービスの一環として、企業・ファンドの評価サービスを運営するhackjpn株式会社と共同で、コーポレートベンチャーキャピタル※2(以下、CVC)の組成から運営までをワンストップで支援するプログラム「Fund X」(ファンド エックス)の提供を開始しました。

 事業会社において優れた技術やサービスを持つスタートアップ企業と提携し、新たな事業・製品・技術を共同開発するオープンイノベーションが活発化しています。その際、スタートアップ企業への出資を併用することで、事業会社は連携を強化でき、スタートアップ企業は事業会社との資本・業務提携でバリューアップするといった双方にメリットが生じる好循環を目的に、国内外で多数のCVCが生まれています。「Fund X」は、CVCの組成・運営サポートを通じて、このような好循環の流れを加速するために設立しました。

 「Fund X」で提供するメニューは、CVC組成に向けた検討支援から、すでに発足済みのCVCに対する運営サポートまで幅広く展開します。Dentsu JAM!で培ったオープンイノベーションの実績や経験、既存のパートナーシップの活用に加え、hackjpnの企業・ファンド評価サービス「datavase.io」の定性・定量評価に基づいた最適な出資先の選定など、ニーズに合わせたサポートを提供します。さらに当社のマーケティング、コンサルティング機能を合わせることで、総合的な資本・事業提携までを含めた支援を実現します。

電通 fundx

※1 Dentsu JAM!プロジェクト:2018年設立の、新事業や新産業の創発を支援する共創プロジェクト。
※2コーポレートベンチャーキャピタル:投資を本業としない事業会社が、自社とのシナジーを生む可能性のあるベンチャー企業に対し投資を行うこと、またその運営組織のこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加