ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.6.6

ロックオン、リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」と、「アドエビス」の連携を強化

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田進、以下ロックオン)は、同社の提供する国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」(以下、THREe)と広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」(以下、アドエビス)の連携機能を強化することを2014年6月4日に発表します。

本プレスリリースの詳細

運用型市場でデータマネジメントやアトリビューションへの関心がさらなる高まりを見せる中、よりユニークな入札戦略を実現すべく、ロックオンはTHREeの更なるアドエビス連携機能の強化に踏み切ります。もとよりアドエビスの間接効果データを用いた入札が可能であったルールベース型入札のアップデートはもちろん、2014年1月のリリースより順調な成果を挙げているヒト型ポートフォリオでも連携を強化いたします。
今までの連携機能

●ルールベース、ヒト型ポートフォリオにおいて、アドエビスのコンバージョン件数を用いることができる。
●ルールベースにおいて、アクション条件設定の項目の中で、「間接効果」「初回広告」の視点で算出したコンバージョン数を設定することができる
今回リリースする連携強化機能

①ルールベース、ヒト型ポートフォリオにおいて、アドエビスのコンバージョンに紐づく「売上」を用いることができる。(2014年6月8日リリース予定)
②ルールベースにおいて、アクション条件設定の項目の中で、「間接効果」「初回広告」の視点で算出した「売上」を設定することができる。(2014年6月8日リリース予定)
③ヒト型ポートフォリオにおいて、自動的に「間接効果」を評価して入札を行う手法が選べるようになる。(2014年6月中リリース予定)

②③が特に「間接効果」の評価に関わるものです。
②で設定の自由度を上げる一方、③では「難しい設計をしなくても、自動的に間接効果を評価して最適化を行う仕組み」が新しく組み込まれます。これによりアトリビューションを加味した運用のハードルが大きく下がり、より多くの利用者様に取り組んでいただけるようになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加