ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.9.1

ソーシャルPLUS、フィードフォースから分社化し営業開始

ソーシャルプラス

ソーシャルPLUSは、株式会社フィードフォースからソーシャルPLUS事業を承継し、2021年9月1日より営業を開始しました。

株式会社ソーシャルPLUS設立の背景
株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司)は2006年の設立以来、企業が持つ情報を適切な形でユーザーに届けることを支援する事業を行い、データフィード・ソーシャルログインの分野においてデジタルマーケティング領域に新しい価値を提供してまいりました。

2017年にはSaaS領域において企業の生産性を向上させるプロダクト開発に更に注力するべく、新たなミッション『「働く」を豊かにする。~ B2B領域でイノベーションを起こし続ける ~』を掲げ、豊かな働き方を実現するサービスの提供をおこなってきました。

ソーシャルPLUSは、「ソーシャルログインを簡単にWebサイトに実装できる」コンセプトで2012年にサービス提供を開始しました。その後LINEを活用したIDベースのマーケティング機能を拡充し、Shopifyアプリの提供、LINE株式会社との業務提携を経て、様々なプラットフォームとのサービス連携を進めながら事業領域を広げることで、顧客数を伸ばし続けています。

また、ソーシャルPLUSはサービス単体での売上も堅調であることから、今後もID連携やソーシャルログインを基軸にしたパートナー企業との業務提携やアライアンスの促進、そのための迅速な意思決定による事業推進を通じて、更なるマーケット拡充の可能性を秘めていると考え、この度フィードフォースからの分社化に至りました。

◆今後の見通し
株式会社ソーシャルPLUSでは、新会社による営業開始にあたりミッションを「人とブランドをつなぎ、顧客体験を豊かにする」と定め、あらゆるプラットフォームとの連携を深めてオンライン・オフラインにおける顧客体験を豊かにし続けられるよう、プロダクトのアップデートに注力してまいります。

LINE株式会社との業務提携により取り組んでいる、ECプラットフォーム向けのLINE CRM活用パッケージ・オフライン向けのLINE活用パッケージの開発を進めると共に、プロダクトの海外展開も検討しております。

◆株式会社ソーシャルPLUS 代表取締役 岡田 風早 より、分社化への意気込み
岡田風早です。インターネットが好きで、世の中の役に立てそうなWebサービスのカスタマーサポートのマネジメントを続けている中で、攻めのカスタマーサポートを実現したい思いが一致して2015年にフィードフォースへ入社しました。ソーシャルPLUSではカスタマーサクセスを立ち上げ、社内で地道に積み上げた信頼でプロダクトマネージャーへジョブチェンジし、執行役員への就任、LINE株式会社との業務提携、「いちばんやさしいShopifyの教本」の執筆などチャンスにも恵まれました。

振り返るとソーシャルPLUSを大きく成長させることができた主な要因は2つあり、1つは性善説が通じるフィードフォースのカルチャーで、もう1つはビジネスチームと開発チームがお互いリスペクトし合える環境が作れたことです。

今回の分社化は、複数あるプロダクトからのスピンオフ第一号なのでプレッシャーや責任感は今までの100倍くらいありますが、やるべきことは変わらず「ソーシャルPLUSを通じて顧客体験を豊かにする」ことです。テクノロジーで世の中を少しでも良くしていきたいという共通の想いのメンバーと、より多くのお客様に選んでもらえる社会的に意義のあるプロダクトへ成長させていきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加