ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.9.27

電通ら3社、企業のYouTube運用支援を強化

電通のカスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター※と、電通デジタル、ピクトは、3社それぞれの強みを生かし、企業のYouTubeチャンネルの開発から動画制作、効果検証、運用までをワンストップで行い、良質な顧客接点の場を創出するサービス「Tube Riding®」を共同で開発、提供を開始しました。

 5Gの普及が進み動画を活用したマーケティングが注目される中、企業のYouTubeチャンネルをいかに有効にマーケティングに活用できるかが重要な課題となっています。しかし、「新しい動画を公開してもYouTubeの大量の動画の中に埋もれてしまう」「再生回数や登録者が思うように伸びない」「動画を継続的に制作し続けることが難しい」など、Youtubeチャンネル運用の効果的なノウハウは確立されておらず、顧客接点の場として活用しきれていない企業が多いのが現状です。

 「Tube Riding®」は、データ分析によるニーズを捉えた電通の「データドリブンなクリエイティブ力」、YouTubeチャンネルのローンチから育成までのカスタマージャーニーを捉えた電通デジタルの「YouTubeチャンネルの運用知見」、ピクトの質の高い「動画制作・実施力」という3社の強みを掛け合わせ、効果的なYouTubeチャンネルの活用を実現します。

<Tube Riding®の概要>
下記①~③のポジティブなサイクルにより、再生回数・チャンネル登録者数を増やし、企業やブランドのファンが増え、育っていく、Always onのマーケティング環境を構築します。
① YouTube上でニーズの高い動画を継続的につくる
世界有数の検索エンジンであるYouTubeにおいて、人気の検索キーワードを活用し、YouTube上でニーズの高い(=再生されやすい)動画を企画。さらに、幅広いネットワークを持った制作スキームにより、質の高い動画を継続的に制作・公開し続けることを可能にします。
② YouTubeのアルゴリズムにのせ、オーガニックな再生回数・登録者数を増やす
人気の検索キーワードをタイトルやタグに生かす、精度の高いサムネイルをつくるなど、チャンネルにアップするデータを最適化し、「検索されやすい・ホーム画面や関連動画にでてきやすい」アルゴリズムに対応したチャンネル運用を提供します。
③ 動画とチャンネルを定期的に分析し精度を高め、①②に生かす
公開した動画とチャンネルの状況を多角的に効果測定し、SEOやチャンネル運用を改善。同時に、得られたデータを新しい動画企画に生かし、さらにニーズの高い動画を公開し続けるチャンネルへと育成していきます。

Tube Riding

<Tube Riding®による企業メリット>
1、オーガニックな再生回数を増やし、広告のみに頼らない動画マーケティングを実践
2、登録者(ファン)が増え、顧客との恒常的な接触機会が増える
3、顧客や一般生活者に向けてのエンゲージメントが上がる
 YouTubeチャンネルを、顧客エンゲージメントを高めるAlways onマーケティングの機軸へと進化させるために。3社は今後も、Youtubeチャンネルを活用したファン化を促すコミュニティマーケティングなど、電通グループ独自のさまざまなサービスを開発・提供してまいります。

※カスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター
カスタマーエクスペリエンス・クリエーティブ・センター(CXCC)は、2021年1月に発足した電通の社内新組織です。およそ100名のクリエイターが在籍。CXCCの独自のメソッドや、最新のCRソリューションを活用しながら、新規顧客獲得から、既存顧客のファン化まで、デュアルファネルでジャーニーを設計、CRのプランニングを行います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加