ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.11.15

「バーチャルマーケット」のHIKKY、シリーズAでNTTドコモから65億円調達

世VRイベント「バーチャルマーケット」を始めとしたVRサービスの開発ソリューションを提供するHIKKYは、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)を引受先とした第三者割当増資により、シリーズAラウンドのファーストクローズにて65億円を調達しました。同時に、両社は2021年10月20日(水)に資本・業務提携を締結しております。

HIKKY

現在は同ラウンドのセカンドクローズも検討しておりますが、当該両クローズによる資金調達後も、HIKKYの独立性が維持される予定です。調達した資金は、HIKKYの開発するスマートフォン及びPCブラウザ上で動くVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケット クラウド)」(サービス詳細:https://www.hikky.co.jp/vketcloud)を始めとしたVR関連サービスの開発体制の強化、同エンジンを用いたオープンメタバースの開発・運営、バーチャルマーケットやVket Cloudを含むVRサービス事業の国内外への拡大、組織基盤強化などに充当する方針です。

■資金調達の目的と今後の展開
今回の調達した資金は、主に以下の項目の強化に充てます。
・オープンメタバースの開発、サービス提供
・Vket Cloudエンジンの開発体制の強化
・バーチャルマーケット事業の開発体制の強化
・海外展開を含めた事業拡大

■HIKKYの注力事業「オープンメタバース」とは
HIKKYが提唱するオープンなメタバースとは、
・プラットフォームの壁を超えて人々が行き交う環境
・オープンワールドにおける大人数での体験やコミュニケーション
・独自ドメインでオリジナルのコンテンツ展開
・デバイスフリー&アプリレスでの簡単なアクセス
これらを実現するサービスです。

今後HIKKYは、バーチャルマーケット事業によって繋がった数多くのクリエイターや、パートナー企業の力を借りながら、自社開発エンジンであるVket Cloudを用いて「オープンメタバース」の開発・サービス展開を行います。また、オープンなメタバースにおいて、これまでの社会では評価されることのなかったあらゆる人の創造性やコミュニケーションが新しい価値として認められ、新たな経済圏とするべく様々なサービスを提供してまいります。

■「オープンメタバース」を実現するHIKKY独自のVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud」
HIKKYは独自のVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケットクラウド)」を開発し、サービスとして提供しています。Vket Cloudでは、スマートフォンやパソコンから、専用アプリなどのダウンロードを行うことなく、URLリンクをクリックするだけでアクセスができるメタバースコンテンツの開発が可能です。マルチプレイにも対応しており、ボイスチャットやテキストチャットで同空間内にいる他のユーザーとのコミュニケーションも楽しめます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加