ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.23

電通、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行

電通は、電通グループ横断でサステナビリティに関するプロジェクトを推進する「サステナビリティ推進オフィス」および「電通Team SDGs」のもと、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行しました。

 電通 Team SDGsは、2018年に「SDGsコミュニケーションガイド」※を企画・制作のうえ無料公開し、以降多くの方々にご活用いただいています。それからの3年間、サステナビリティ推進オフィスおよび電通Team SDGsは、当社事業を通じたサステナビリティ領域のイノベーション、価値創造を行いながら、同領域における知見やネットワークを拡充し、コミュニケーションに関連する経験を蓄積してきました。このたび、これらに有識者の方々のご意見も加えることで、より多くの方々にご活用いただける「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行しました。本ガイドは、後述のURLから無料でダウンロードしていただけます 。

SDGs

 新型コロナウイルスの感染拡大や社会情勢の変化に伴い、SDGsという言葉の認知度もこの1年で大幅に高まり、消費者にとっても「サステナビリティ」に関する事柄は身近な関心事となっています。企業や団体のSDGs、サステナビリティに関する取り組みやコミュニケーション活動についても、日常的にメディアやSNSなどにおける意見・議論が増えていることもあり、個々の施策だけでなく、組織全体での取り組みとして、稼ぐ力とESGの両立によって経営の在り方の変革を目指すSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)の重要性が増しています。

 本ガイドは、直近数年間のサステナビリティに関する国内外の情勢を提示するとともに、コミュニケーションを行う際の検討・企画・制作・発信など各段階のチェックリストと、押さえるべき環境と人権に関する視点もまとめています。本ガイドをご活用いただき、サステナビリティに関する取り組みとコミュニケーション活動をより推進していただくことで、本ガイドが持続可能な社会づくりへの一助となればと考えています。

 当社および電通グループは、今後も、顧客企業を含むあらゆるステークホルダーの皆さまとともに、広告コミュニケーション分野にとどまらない多様な施策やビジネスを通じて、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

<「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」の概要・構成>

■はじめに

■サステナビリティに関する最近の動き

■パート1:実践的サステナビリティ・コミュニケーション〜事例とチェックリスト〜

チェックの視点

0. コミュニケーションをはじめる前に

1. コミュニケーションを準備するとき

2. 表現を企画するとき

3. 表現を制作するとき

4. SDGsロゴを使用するとき

5. 表現案ができあがったら

6. コミュニケーションをした後

ステークホルダーと起こり得る軋轢

リテラシーを常に向上させていくために

参考:広告電通賞 SDGs特別賞入賞作品

■パート2:サステナビリティ・コミュニケーションの背景と文脈

・背景となる社会の変化と、持つべき視点

・SDGsコミュニケーションの前提として知っておいてほしいこと

■付録

・大きく進展した日本企業のSDGsに関する取り組み

・SDGsに関する日本の生活者の意識

・コロナ禍を経て変化した、人々の社会課題意識

・楽観視できないサステナビリティをめぐる状況

・グローバルなコミュニケーション設計の注意点

・グローバルにおける自社の現在地を確認しよう

・環境コミュニケーションに関する規制など

・人権コミュニケーションに関する規制など

<配布方法:下記URLからダウンロード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加