ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.9

ABEMA、コネクテッドTV広告計測に対応~Adjustと国内初連携~

コネクテッドテレビ ABEMA adjust

「ABEMA(アベマ)」は、視聴者数が急増するコネクテッドTV(以下、CTV)領域の広告商品開発の強化を目的に、adjust株式会社が提供するモバイルマーケティング分析プラットフォーム「Adjust(アジャスト)」と連携し、CTV広告によるモバイルアプリのインストール促進のパフォーマンスをクロスデバイスで計測する「コネクテッドTV広告計測」の機能に対応いたしました。「Adjust」のCTV広告計測とメディアが直接連携するのは、本事例が国内初となります。

インターネット回線に接続されたテレビ端末であるCTVは、その広告活用について近年デジタルマーケティング業界で注目されています。SMNの調査によると、国内のCTV広告市場規模は、2024年には558億まで成長するとされており、その規模は2020年現在の約5倍の規模に及びます(※1)。「ABEMA」におけるCTVユーザーの割合も、2019年比で約2倍に成長しており、今後もますます伸びていく傾向にあります。これらの市場規模の変化に伴い、CTV広告に関する調査や計測ソリューションはモバイル広告主にとっても重要事項になりつつあります。

こうした期待が高まる一方で、CTV広告は従来のモバイル・デスクトップ上の広告のように、効果計測手法が十分に確立されておらず、広告主が費用対効果を検証し、適切なマーケティングを行うことが難しいという課題があります。

そこで「ABEMA」は、市場規模が大きく伸びていくCTV広告をモバイルアプリ提供広告主がより活用できるように、モバイルマーケティング分析プラットフォーム「Adjust」が提供する、CTV広告からのクロスデバイスによるモバイルアプリのインストール計測に国内で初めて対応いたしました。これにより、CTV広告の価値が可視化され、適切なマーケティングが実施できる計測環境を目指します。

今後も「ABEMA」では、デジタルマーケティング市場の変化を捉えながら高い広告効果を実現し、ユーザー・広告主企業の双方に選ばれる広告商品の開発・提供を行ってまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加