ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.10

セガ エックスディーとmediba、コンテンツマーケティングでエンゲージメント創出を促進する新サービス「ToyCloud」を開始

セガ エックスディーとmedibaは業務提携を締結し、企業と顧客のエンゲージメントを高める新サービス「ToyCloud」の共同事業を開始しました。

◆「ToyCloud」開発背景
プロダクトやブランドと顧客のエンゲージメントを高めファン化するためには、特設サイト、アプリなどを含むオウンドメディアでの接触や情報発信が有効な手法として確立しています。
 しかし、オウンドメディア上に魅力的なコンテンツを常に用意して顧客とコミュニケーションし続けるには初期費用や運用コストが非常に大きくかかります。
 
 そこで、SEGA XDのGameBoxで培われた自社のコンテンツSaaS化技術と、KDDIグループ企業のmedibaが持つKDDIプラットフォームへのコンテンツ提供やライセンス調整ノウハウ、auサービスでの拡散リーチ力を掛け合わせ、オウンドメディアとして使えるゲームコンテンツのサービス開発に至りました。

◆サービス概要
 この「ToyCloud」は、コンテンツマーケティングに活用できるゲームコンテンツをHTML5またはアプリで従来の3分1程のコストかつ、最短数か月で開発が可能です。
 各社の自社ブランドや保有しているIPを利用して、これらのオウンドメディアやゲームコンテンツ制作が可能であるだけではなく、「ToyCloud」にライセンス許諾しているキャラクターを使用したコラボレーションも可能です。
 また、このソリューションで制作したコンテンツを更にau Webポータルなど、medibaの運営する広告商品と連携させることで拡散やリーチを狙うことができます。

mediba

 ゲームコンテンツでは課金や広告掲載といった収益化機能も簡単に実装できるようになっており、顧客とのエンゲージメント強化に加え、新たな事業の収益源を創出できます。
 プロダクトやブランドへのコンテンツマーケティングをメインとしつつ、新規事業の創出やデジタルトランスフォーメーション、自社IPのマネタイズなど、多岐にわたってご利用いただけるサービスとなっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加