ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.7.27

サイバーエージェント、2022年9月期3Q決算を発表

サイバーエージェント

サイバーエージェントの2022年9月期3Qの連結業績は、売上高が前年同期比9.8%増の5343億4800万円、営業利益が同27.9%減の558億9800万円、経常利益が同27.7%減の562億6600万円、純利益が同37.4%減の207億100万円でした。

スマートフォン市場の成長を取り込む一方で、中長期の柱に育てるため、新しい未来のテレビ「ABEMA」への投資をしつつ、売上高は増加、営業利益は減少、経常利益は減少、親会社株主に帰属する四半期純利益は減少となりました。。

 インターネット広告事業には、高い増収率を継続し、過去最高の売上高を更新し、売上高は2844億2800万円(前年同期比19.0%増)、営業損益は194億900万円の利益計上(前年同期比7.0%増)。

 ゲーム事業は、前四半期の大型イベントの影響等があり、売上高は1735億5100万円(前年同期比6.9%減)、営業損益は484億2700万円の利益計上(前年同期比29.4%減)。

 メディア事業は、新しい未来のテレビ「ABEMA」PPV及び周辺事業が増収を牽引し、売上高は818億4200万円(前年同期比36.0%増)、営業損益は97億7900万円の損失計上(前年同期間112億1500万円の損失計上)となった。

 2022年9月期の連結業績は、売上高が前期比5%増の7000億円、営業利益が同32.9%減の700億円を計画。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加