ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.11.6

サイバーエージェント、「AMoAd」・「Dynalyst」・「Smalgo」のそれぞれをFacebook広告と連携

~閲覧者に最適化された広告をFacebookへ配信が可能に~

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、アドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオが提供する、スマートフォンアドプラットフォーム「AMoAdネットワーク(アモアドネットワーク)」、スマートフォンに特化したダイナミックリターゲティング広告(※1) 「Dynalyst(ダイナリスト)」、成果報酬型DSP(※2)「Smalgo(スマルゴ)」の3つのアドテクノロジー広告(※3)において、米Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg)が提供する、「Facebook(フェイスブック)広告」との連携を開始いたしました。

本連携により、当社が提供する「AMoAd」「Dynalyst」「Smalgo」を利用してFacebookのニュースフィード上に広告掲載することが可能になります。また、Facebookのカスタムオーディエンス機能(※4)を活用したターゲティング広告配信にも対応しており、より効率的なターゲティング配信を実現いたします。

アドテクスタジオでは、今後もアドテクノロジー広告において、広告配信在庫の拡大を加速させると同時に、更なるサービス開発・拡充に努めてまいります。

※「AmoAd」のみ2014年11月6日より配信開始いたします。

■「AMoAdネットワーク」とは
「Ameba」や「モバゲー」をはじめとした数多くの大手媒体に広告掲載ができるスマートデバイス向けアドネットワークです。広告パフォーマンスを最適化するための独自の配信・入札ロジックを有する他、国内では初となるアプリとウェブ面を横断するターゲティングを実現しました。

■「Dynalyst」とは
企業の商品情報とWebサイトでのユーザー行動情報を組み合わせ、ユーザーに対してパーソナライズドされたおすすめ商品をバナー広告でリアルタイムに配信するダイナミックリターゲティング広告です。
企業のWebサイトに訪れたユーザーの行動から興味・購買意欲をリアルタイムに予測し、ユーザーが申し込み・購買に至らずWebサイトを離脱した際に、商品名・画像・価格などの情報が盛り込まれたレコメンデーション広告が自動的に生成・配信される仕組みとなっています。これにより、ユーザー一人一人に適した情報を表示させることができるので、通常のテキスト広告やバナー広告と比較し、より高いクリック率やコンバージョン率が期待できます。また、見込みユーザーに対してリアルタイムにユーザーの興味関心をひく広告配信を行うことで、効率的なターゲティングが可能です。

■「Smalgo」とは
最適な広告配信ロジックを用いて自動分析・自動学習を行う、業界初の成果報酬課金型DSPです。インプレッション課金での学習期間を終えた後、成果報酬課金で広告配信ができ、企業は獲得単価を重視しながら、より良い条件の広告出稿をすることが可能です。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、プライベートDMP「RightSegment」、成果報酬課金型DSP「Smalgo(スマルゴ)」をはじめ、既存プロダクトの「AMoAd」や「CAリワード」「CAMP」といったアドテクノロジーを開発。

※1 ダイナミックリターゲティング広告とは
企業のサイトを訪れたことのあるユーザー対し、サイト閲覧履歴などからおすすめの広告をユーザーに配信する手法です。リターゲティングのバージョンアップ版で、個々にパーソナライズされていることで、より高い広告効果やクロスセル(別商品の購入促進等)の効果に期待ができます。

※2 DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは
広告のインプレッションが発生するたびに閲覧ユーザーや掲載面などの情報を分析し、リアルタイムにバイイングから広告配信までを行う広告主向け統合プラットフォームです。

※3 本リリースにおけるアドテクノロジー広告の定義は、2014年9月にリリースした「アドテクノロジー広告市場調査」の定義と同様になります。各プロダクトに該当する定義は以下の通りです。
「AMoAd」:CPC・CPM課金型アドネットワーク
「Dynalyst」「Smalgo」:RTBを経由したディスプレイ広告

※4 カスタムオーディエンス機能とは
Facebook広告のターゲティングオプションの1つで、企業の保有している顧客データとFacebookのユーザーデータを活用し、マッチしたユーザーに対して広告を配信することができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加