ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.11.17

アイレップ、動画広告の新しい効果検証方法のβ版を開発、提供開始

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、動画広告の効果検証を“ユーザーの検索行動”から計測するサービスのβ版を提供開始することをお知らせいたします。
サービス開始の背景

近年、スマートデバイスの普及や浸透に伴い、生活者の動画視聴時間は年々増加傾向にあり、今後も高まりが予測されています。それに伴い、企業が自社のマーケティング活動において動画を積極的に活用したいという意向も高まってきています。
しかし、動画広告が実際にどのような効果をもたらすのかについては充分に指標が整備されておらず、企業にとって頭の痛い課題となっています。そこでアイレップは、従来のアンケート調査ではなく、実際のユーザーの検索行動の履歴に基づき、ユーザーの興味・関心が動画接触前後でどのように変化したかを検証し、分析することで、動画広告の態度変容効果の検証を可能にいたしました。
この検証においては、第一弾として大量の検索データをもとにユーザー分析が可能な「クロスリスティングDMP」を提供する株式会社クロスリスティング※1と、動画広告配信プラットフォーム「TubeMogul」を提供するTubeMogul Inc.の日本法人である株式会社チューブモーグル※2と連携しておりますが、今後はさらに取得可能となるデータや各動画メディアとの連携を図ることで、企業の動画広告の効果を正確に把握し、マーケティング活動の成果実現へとつなげてまいります。

動画広告効果分析サービス概要
■施策概要
サンプルユーザーへの動画配信
接触前検索キーワードの把握
接触後検索キーワードの把握
接触前後での検索キーワードの変化の分析
レポーティング

■価格
都度見積り
※要件により都度御見積りとなります。
【分析概要イメージ】
release20141114-2-001

release20141114-2-002

(※1)株式会社クロスリスティングについて
クロスリスティングは「gooやOCN等の国内大手ポータルサイトを中心とした提携ネットワーク」と、その提携ネットワークにおける大量の検索データを集約したDMP「クロスリスティングDMP」を事業の核と位置付け、検索データをもとにした精密かつリアルタイム性の高いサービス提供により、「サーチマーケティング」の観点からお客様のマーケティング活動を支援する事業を展開しています。
株式会社クロスリスティング 概要
<社名>株式会社クロスリスティング
<所在地>東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル6F
<URL>http://www.xlisting.co.jp/Company/index.html
<代表者>堀内克彦
<設立年月>2005年12月
<資本金>7,500万円
<事業内容>検索連動型広告の提供、ディレクトリの提供、ディレクトリの有料登録審査サービス

(※2)株式会社チューブモーグルについて
TubeMogulは動画広告配信プラットフォーム「TubeMogul」を提供する企業です。「TubeMogul」は動画広告に特化したDSPで、プログラマティックバイイングだけでなく、純広告やアドネットワークとも接続し、効果的広告配信と運用が可能になります。また、多様な広告フォーマットへの対応、詳細なレポーティングにより、広告を運用する中での効果最適化に貢献できるプラットフォームです。

株式会社チューブモーグル 概要
<社名>株式会社チューブモーグル
<所在地>東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階 EGGJAPAN
<URL>http://www.tubemogul.com/
<代表者>Brett Wilson
<設立年月>2013年2月
<事業内容>広告配信プラットフォーム事業
アイレップでは、今後もクライアント企業のニーズを捉えた、より一層付加価値の高いサービスを提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加