ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.2.23

Criteo、FacebookのDynamic Product Adsソリューションの発表にあわせて、 モバイル機能を拡張

パフォーマンス広告およびマーケティングに特化したテクノロジーリーダーであるCriteo(クリテオ、Nasdaq:CRTO、本社:フランス、CEO兼共同創設者:ジャン-バティスト・リュデル、以下Criteo)は、FacebookのDynamic Product Adsの発表にあわせてCriteoのモバイルデバイスへの配信機能を拡張し、これに対応することを発表しました。ユーザがPCからモバイルデバイスへとシフトするなかで、Criteoの広告主は、スマートフォンでFacebookを使用している消費者にリーチできるようになり、広告主のFacebook上でのマーケティング活動を補完できます。

CriteoはDynamic Product Ads対応によって、Criteoエンジンを活かし、スマートフォン、タブレット、PCなど消費者がFacebookへのアクセスに使用するあらゆるデバイスにわたって、レコメンデーションや入札による広告を表示できるようになります。

小売・流通企業のMenlookやPromodなど、一部のCriteoの広告主とともに実施したパイロットプログラムの結果、その広告主企業のオンライン売上全体の6.2%がDynamic Product Adsに拠るものとなりました。他のモバイル広告キャンペーンをすべて合計した数値と比べると、Facebookアプリのニュースフィードでの売上は全体の24.5%に達していました。コンバージョン率は、他のモバイル広告キャンペーンと同等でした。

Criteoの最高プロダクト責任者(CPO)であるジョナサン・ウルフは、「他のアプリに比べユーザのFacebookアプリを使用する時間が長いことから、Facebookは小売・流通企業にとって、消費者にリーチする極めて重要な場所となっています。CriteoはDynamic Product Adsによって、Facebookユーザにタイムリーかつ関連性の高い広告を配信することで、広告費用対効果を向上させます」と述べています。

※本リリースの全文は英文資料をご参照ください。
http://www.criteo.com/news-and-events/press-releases/2015/02/criteo-extends-mobile-capabilities-with-launch-of-facebook-s-dynamic-product-ads-solution/

Criteo(クリテオ)について
Criteoは一人ひとりの興味・関心と関連性の高いパーソナライズされたデジタルパフォーマンス広告ならびにマーケティングをスケーラブルに提供しています。広告クリック後のコンバージョンを予測、最適化することで、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、測定を容易にします。フランスに本社を置くCriteoは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに23カ所のオフィスを展開し、1,300名を超える従業員を擁して世界各国9,000以上のパブリッシャーと直接取引関係を結び、7,000以上の広告主の広告を生成・配信しています。

詳細は http://www.criteo.com をご覧ください。
CRITEO株式会社はその日本法人です。詳細は http://www.criteo.com/jp をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加