このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.6.5

JIAA、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会に名称を変更

一般社団法人 インターネット広告推進協議会(所在地:東京都中央区、略称:JIAA)は、6月4日に青山ダイヤモンドホール(東京都港区)において「平成27年度定時社員総会」を開催し、団体名称を一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(英文名称:Japan Interactive Advertising Association) と変更いたしました。
また、役員の退任に伴う後任の選任を行い、理事11名(増員1名)及び監事1名が選任され、就任しました。理事長の秋山隆平の退任に伴い、引き続き行われた理事会において、髙田佳夫((株)電通 取締役常務執行役員)を後任の理事長(代表理事)に選定し、就任いたしました。

団体名称の変更について

インターネット広告の市場形成のための協議の場として平成11(1999)年5月に発足したインターネット広告推進協議会は、平成22年(2010年)の一般社団法人化を経て、設立から16年が経過しました。会員の事業領域の広範化やインターネット広告のグローバルな事業環境に鑑み、団体名称を「一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会」に変更しました。新たな名称のもとで、業界を代表する組織として社会的責任を果たすとともに、会の目的に即した事業活動を遂行し、産業と社会の発展により一層貢献していく所存です。
<新名称>
一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会
英文名称: Japan Interactive Advertising Association
略称(変更なし): JIAA
変更日:平成27年6月4日

平成27年度事業活動方針
平成27年度は、活動組織を再編し、新たな組織体制で柔軟かつ機動的な事業運営を行い、会員の積極的な参加によって活動の充実を図ってまいります。

    市場環境の変化やニーズに応じて、柔軟かつ機動的な活動を行う
    IAB(Interactive Advertising Bureau)との連携を軸に、グローバルな事業環境への対応を強化・推進する
    市場のトレンド把握や情報発信、業界をリードする人材育成の機能を担う
    広告掲載基準に関する課題検討と、時宜に即したガイドラインの見直しを行う
    健全な広告掲載のために、掲載サイト適正化に向けて具体的対策を講じる
    インターネット広告の効果測定基準を研究し、価値指標の再構築を探る
    インターネット広告におけるデータの利活用の自主ルールを構築し、運用する
    ネイティブ広告に関する活動成果を広く共有し、さらに成長を促す施策を推進する
    ビデオ広告市場の迅速な環境整備と、関係団体との協働を推進する
    スマートフォン広告の健全な発展への基盤整備の取り組みを、迅速に推進する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加