このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.6.16

ソネット・メディア・ネットワークス、ゼータ・ブリッジと業務提携

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:地引 剛史)は、株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役: 安藤 尚隆)との間で、業務提携を行うことで合意に達しましたのでお知らせします。
今回の業務提携は、DSP(*1)『Logicad』をコア・プロダクトとする当社マーケティング・テクノロジー事業の強化を目的としたものです。ゼータ・ブリッジのリアルタイムCM自動認識システムと『Logicad』を連携することで、放映中のテレビCMのメタデータと連動するRTB(*2)に対応した広告配信が可能となります。

これによりテレビCMを出稿する広告主は、自社のCMが放映されると同時に、地域・性別をはじめとするセグメントされた視聴者のスマートフォンなどへ、テレビCMに対して補完する広告をほぼリアルタイムに『Logicad』で配信することが可能なため、テレビCMとインターネット広告配信によるクロスメディアでの相乗効果が期待できます。

なお本サービスは、関東・中部・関西地区を対象に、今年内の提供開始を予定しています。

press_20150616_01

ゼータ・ブリッジは、独自のリアルタイムCM自動認識システムを利用して、関東・中部・関西地区の民放テレビ局の「テレビCMメタデータ」を検出し、放送局、シンクタンク、マーケティングリサーチ会社、大手広告主、広告代理店向けに、マーケティング分析データとして幅広く提供しております。また、CM検出機能には、ソニー株式会社が開発した映像音声検索技術“AV-Marker”が使われています。

※1 DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム

※2 RTB(Real Time Bidding)
1インプレッション毎にリアルタイムで入札が行われる形式


  • このエントリーをはてなブックマークに追加