ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.10.20

スマートフォンアプリインストール広告のエイトクロップス、記事広告の自動配信機能「adcrops Wire」を提供開始

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)の連結子会社、株式会社エイトクロップス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細野耕平)は、スマートフォンアプリ向けCPI(※1)広告ネットワーク「adcrops(アドクロップス)」において、2015年10月16日(金)より、記事広告の自動配信機能「adcrops Wire(アドクロップスワイヤ)」の提供を開始いたしました。
※iOS版から先行提供開始。Android版は今月末提供開始予定です。

b1ad8cf1d0

これまでの記事広告は、掲載メディア側で記事作成や配信設定を行う必要がありましたが、「adcrops Wire」を使うことで、メディアは別途対応の必要なく、すべて自動で配信することが可能になります。

広告表示については既存のUI(※2)のまま新規広告を最短でユーザーに表示することが出来、また、各媒体での配信案件へのユーザーのアクション状況から、媒体ごとに個別ユーザーごとの配信内容も最適化します。これによりメディアパートナー様は最短で最適なインフィード広告配信(※3)が可能になり、収益最大化を図ることができます。「adcrops Wire」は既存のメディア様も申込みの上対応SDK(※4)にアップデートするのみで導入が可能で、現在既にニュースアプリ等多数のメディア様が対応SDKを組み込み、アプリストアへ申請をいただいております。

今後は、機能拡張を行い、配信タイミングを最適化するフリークエンシーコントロール機能や、カテゴリごと・個別ユーザーごとの記事作成機能等も検討するなどより収益が上がりやすい配信方法を開発していくと同時に、メディア様・エンドユーザー様にとってより魅力的な広告案件のご提供に努めていく予定です。

※1)CPI:Cost Per Installの略。広告主アプリのインストールを成果地点として、成果発生に対して広告費用が発生する成果報酬型広告の一つ。
※2)UI:ユーザーインターフェース。レイアウトやデザインなど画面表示の仕方や操作感などを指します。
※3)インフィード広告:フィード(ブログやニュースサイト等のコンテンツの新着情報やページ一覧などを掲載する枠)内に設置される広告枠を指します。サイトのデザインや機能に合わせて表示される、ネイティブ広告の一つ。
※4)SDK:Software Development Kitの略。ソフトウェア開発に必要な環境や技術文書、ツールなど一式のことを指します。

■株式会社エイトクロップスについて
エイトクロップス(http://8crops.com/)は、2011年8月に設立された、株式会社ファンコミュケーションズ100%子会社です。スマートフォンアプリインストール型のCPI広告サービス「adcrops(アドクロップス)」等を運営し、広告プロモーションの企画・提案をしています。「adcrops」は2011年11月からサービスを開始しており、特許取得したSDK不要のトラッキング技術を駆使して、CPIネットワークの広告主契約数、メディア契約数を大幅に伸ばしています。

■株式会社çについて
ファンコミュニケーションズ(http://www.fancs.com/)は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」・「Moba8.net(モバハチネット)」や、スマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。
・A8.net(https://www.a8.net/)
累計広告主数:約14,700、アフィリエイトサイト数:約193万3千、プロモーション提携数:約2,150万 ※日本最大級規模(2015年9月末現在)
・Moba8.net(https://moba8.net/)
累計広告主数:約5,600、アフィリエイトサイト数:約25万8千、プロモーション提携数:約199万(2015年9月末現在)
・nend(http://nend.net/)
累計広告主数:約3,200、提携サイト数:約44万9千 ※日本最大級規模(2015年9月末現在)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加