ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.12.15

ユニヴァ・ペイキャスト、「Criteo」のデータフィードを自動生成するツール「Gyro-n DFM」提供開始

高いパフォーマンスが認められるCriteoをはじめとするデータフィード広告は、膨大な商品データからデータフィードを作成し、それを常に更新して最新の状態に維持する必要があります。しかし、このデータフィードの作成に課題を抱える企業が多くありました。

デジタルマーケティング支援ツールGyro-n(ジャイロン)に、これらすべてを自動化して管理できるデータフィード管理ツール「Gyro-n DFM」が誕生しました。

Gyro-n DFMはお客様のWEBサイトをクロール、商品情報を自動で取得しデータベース化し、Criteoのフォーマットに合わせたデータフィードを自動で生成するため、膨大な商品点数を持つECサイトでも手間をかけずにデータフィード広告の管理が可能です。クロールは毎日行われ、常に最新のデータに維持されます。Criteoタグについても、JavaScriptの専門知識を持たない方でも状況に合わせたカスタマイズ・実装が行えるタグカスタマイズ機能があります。

効率的で費用対効果の高い広告配信ができるCriteo

データフィードを用いて、少ない予算で大きなコンバージョンを見込むことができ、さらにYahoo! Japanをはじめとする大手メディアに配信できるリターゲティング広告として人気が高いCriteo。
Criteoに最適化させたデータを準備するリソースが確保できない、膨大な商品点数があるためデータフィードを最新の状態になかなか維持できない、そもそも技術・予算的な問題でデータフィードを用意することができない、など、データフィードの作成に課題を抱えている企業が多くありました。

Gyro-n DFMによる解決策

この声を受けてGyro-nでは、これまで各企業のネックとなっていたデータフィードの作成・更新、またCriteoのフォーマットへの最適化ができる管理ツール「Gyro-n DFM」をこのたび開発し、12月15日に正式リリースいたしました。

Gyro-n DFMの3つの機能

  1. クローリング&フィード自動生成機能
    自社でデータフィードの作成が難しい場合は、お客様のWEBサイトをGyro-n DFMのクローラーが自動でクロール、サイト上の商品情報から自動でデータフィードを生成します。クロールは毎日行われ最新の情報を取得するため、データフィードは常に最新の状態に維持されます。
  2. 商品データ管理機能
    Gyro-n DFMで管理されたデータフィードは、文字数制限、必須項目などのチェックを行い、Criteoのフォーマットに合わせたデータに自動で最適化されます。
    最適化されたデータフィードは、Gyro-n DFMからCriteoに定期的に取り込まれるため、ご担当者様に手間を取らせることがありません。
  3. タグカスタマイズ機能
    トップページ、商品詳細ページ、一覧ページ、ショッピングカート、コンバージョンページなどに配置するCriteoタグのカスタマイズをサポートしています。JavaScriptの専門知識なども必要だったCriteoタグのカスタマイズ作業を管理画面上のUIからどなたでも簡単に行えるようになります。

Gyro-n DFMの導入

Gyro-n DFMは20,000アイテムまでのデータフィード使用料が月額12,000円、データフィード生成オプションが50,000円(初期費用のみ/更新は無料)からご利用いただけます。
管理画面は日本語、英語、韓国語の3か国語対応。
https://www.gyro-n.com/dfm/

Criteo(クリテオ)について

Criteoは一人ひとりの興味・関心に応じてパーソナライズされた関連性の高いデジタルパフォーマンス広告を提供しています。広告クリック後のコンバージョンを予測、最適化することで、ROI(投資利益率)の高い広告配信を図ります。フランスに本社を置くCriteoは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに27カ所のオフィスを展開し、1,600名を超える従業員を擁して世界各国10,000以上のパブリッシャーと直接取引関係を結び、8,500以上の広告主の広告を生成・配信しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加