• 2020/10/20

SMN「Logicad」、 SSP/エクスチェンジの「PubNative」と取引開始

SMNは、提供するDSP「Logicad」のモバイルアプリにおける広告配信の強化を目的に、Verve Group傘下の「PubNative」(本社:ドイツベルリン、代長取締役:イオヌット・チョボタル)とRTB取引を開始しました。これにより、「Logicad」は、今まで保有していたモバイルアプリ広告枠(在庫)にグローバルモバイルアプリの広告枠を加えた、豊富な広告枠を保有することになります。


  • 2020/10/07

ソニー系のSMT、コンテンツマッチングサービス 『Ballooon RW「とりもち」』の提供を開始

SMN株式会社のグループ会社であるSMT株式会社は、クラウド型のコンテンツ(*1)マッチングサービス『Ballooon RW(Recommend Widget) 「とりもち」』(以下「とりもち」)の提供を開始しました。なお、「とりもち」は、本年10月にSMTが継承し、メディア支援プラットフォーム「Ballooon」の機能として、サービスラインナップに追加されました。


  • 2020/10/07

宣伝会議、広告界に特化した新DSP「Sendenkaigi Ad Platform」を提供開始

宣伝会議は、SMNと連携し、宣伝会議が保有するデータベースとSMNの独自アルゴリズムを掛け合わせ、広告界に特化した高精度なターゲティング広告を提供する、新たな国産DSP「Sendenkaigi Ad Platform」の提供を開始します。



  • 2020/10/01

SMN、新会社「SMNメディアデザイン株式会社」を設立

SMNは、完全子会社「SMNメディアデザイン株式会社」を設立し、10月1日より事業活動を開始しました。


  • 2020/09/29

​SMN、国内大手テレビメーカーのテレビ視聴データを活用した広告配信サービスを提供開始

SMNは、国内大手テレビメーカー複数社がユーザーから広告用途への利用を許諾され取得しているテレビ視聴データ(*1)と、SMNが保有するデジタルメディアの接触データを基にした広告配信を実現するデータ活用サービス「Connected TV Data Bridge」(以下:「TVBridge」ティービーブリッジ)の提供を2020年9月29日(火)より開始します。本サービスにより、テレビ番組、CMとWebメディアを包括的にとらえ、双方の広告効果の最大化に貢献するとともに、生活者に対しても、より快適で有益な広告の提供を目指します。


  • 2020/09/10

2020年8月度テレビCM放送回数ランキング 〜ココナラ・総務省が急浮上で上位ランクイン〜

SMNの子会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年8月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し集計し発表しました。


  • 2020/09/08

DNP、SMNと連携し広告視認数を計測できる デジタル屋外広告向け広告配信サービスを提供開始

大日本印刷株式会社(DNP)は、独自の広告配信プラットフォーム「DNP BookAD」のサービスを拡張し、デジタル屋外広告(Digital Out of Home:DOOH*1)の視認数の推定に向けてSMN株式会社が提供する広告配信サービスと連動した「DNP BookAD DOOH」を2020年9月に提供を開始します。


  • 2020/08/25

SMN、新会社「SMNメディアデザイン」を設立

SMNは、10月1日付で新会社SMNメディアデザインを設立することを発表しました。SMNのデジタルメディア事業開発事業、およびインターネットアドネットワーク広告の媒体仕入を主軸としたメディア事業を行うとのことです。



  • 2020/08/11

SMNグループ、コンテンツマッチングサービス事業「とりもち」をKCCSから事業承継

SMNグループのSMT株式会社は、京セラコミュニケーションシステム株式会社のクラウド型のコンテンツ(*1)マッチングサービス事業「とりもち」を、吸収分割により承継することとなりました。



  • 2020/07/30

SMN、デジタルメディア事業開発などを行う新会社「SMNメディアデザイン」を設立

SMNは、本日開催の取締役会において、2020年10月1日付で簡易新設分割により当社完全子会社としてSMNメディアデザイン株式会社(以下「SMD」)を設立し、同社のデジタルメディア事業開発事業、およびインターネットアドネットワーク広告の媒体仕入を主軸としたメディア事業をSMDに承継させることを決議しました。