このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.9.19

トライベック・ストラテジー「HIRAMEKI management」、コアフォースの「LTV-Lab」と連携

「LTV-Lab」と「HIRAMEKI management」

トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋、以下 トライベック)は、国産マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management®」の一部機能を株式会社コアフォース(所在地:東京都港区、代表取締役社長:小村 富士夫、以下 コアフォース)が提供する通販CRMシステムの「LTV-Lab」と連携、9月14日(木)よりLTV-Labのオプション機能として提供開始します。

POINT

1.通販CRMシステムの「LTV-Lab」とデータ連携を開始
2.「LTV-Lab」のセグメント機能で「HIRAMEKI」によるデジタル行動解析データを利用可能に
3.Webサイト上での特定のアクションをした顧客セグメントへのメールやLINE配信が可能

概要

「LTV-Lab」では、ショップに蓄積されている購買履歴や購入金額、購入期間など、顧客データをさまざまな切り口で大量の顧客データをセグメント(分類)することができ、セグメントした顧客グループごとにカスタマイズした提案や、訴求したい商品、趣向に合った顧客だけにピンポイントでアプローチすることが可能です。ただし、セグメント条件にはWebサイト内の行動データは含まれておらず、あくまで購買情報や顧客属性情報が中心でした。
そこで、オウンドメディア内の行動データ解析に強みを持つ「HIRAMEKI」の機能と連携することで、購買検討段階の顧客セグメントを対象にもさまざまな条件分岐でメールやLINEを配信する事が可能となります。

本機能は「LTV-Lab」のオプションとして月額20,000円からご用意しておりますので、この機会にぜひご利用ください。お申し込み方法・ご利用方法の詳細は、LTV-Labサービスサイトからご確認ください。

LTV-Labサービスサイト:https://wakuten.net/利用料金/
ご利用状況によっては従量課金が発生する場合がございます。

「HIRAMEKI management®」について

コミュニケーションを”見える化”すれば、ビジネスはさらに加速する――デジタルマーケティング領域のトップランナーであるトライベックが提供するマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management®」は、ユーザーの行動を”見える化”し、コンバージョンに至る”黄金ルート”に導きます。また、国産ならではのきめ細やかなサポートで、企業と生活者とのコミュニケーションを最適化するマーケティングエコシステムを実現します。
「HIRAMEKI management®」公式サイト:https://www.hira-meki.jp/

「LTV-Lab」について

「LTV-Lab」は通販事業の顧客維持・育成のために開発されたクラウド型の通販に特化したCRMシステムです。初回購入者の育成、休眠顧客掘り起こしメールなど、メールや分析を通じた顧客へのターゲットマーケティングが高機能・低価格で実現でき、さらに《LINE@連携》、《カゴ離脱配信》、《LTV分析》、《継続・離脱分析》、《新規顧客継続推移分析》、《購買パターン分析》等、高度な分析とともに施策企画に反映させやすい機能が充実しています。「LTV-Lab」は既に500社以上の導入実績がありご好評を頂いております。
「LTV-Lab」公式サイト:https://wakuten.net/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加