このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2015.1.27

サイバーエージェント、スマートフォン位置情報を活用し来店を促進する成果報酬型広告 「AIRTRACK Reward」の提供を開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)はアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオが提供する、企業のオムニチャネル戦略をサポートする「AIRTRACK(エアートラック)」において、店舗来店を成果とした成果報酬型広告「AIRTRACK Reward(エアートラックリワード)」の提供を開始いたしました。

「AIRTRACK」は、位置情報の取り扱いに関する注意事項に予め同意したオプトインユーザー(※1)(以下、ユーザー)のみを対象としたサービスです。企業は、あらかじめ指定したエリアに来たユーザーに対してターゲティング広告やプッシュ通知を配信することができるほか、ユーザーの来店頻度など状況に応じて最適な広告配信を実現いたします。

このたび提供を開始する「AIRTRACK Reward」は、指定したエリアと関与度の高いユーザーに対して広告を配信し、その広告を見て来店したユーザーに対し、企業が指定するポイントやクーポンなどを付与するというものです。本広告は、ユーザーの店舗来店を成果とする成果報酬型広告のため、企業は来店を目的とした効率的な広告配信が可能です。また、従来の「AIRTRACK」に新たに3つの機能を追加し、ユーザーの生活圏に応じた広告配信を実現します。

例えば、休日によく渋谷で買い物をするユーザーが、渋谷を訪れた際、周辺の情報やお得な割引情報など、興味・関心の高い広告・クーポンが優先的に表示され、店舗来店したユーザーはその広告を店頭に設置されたビーコン端末に認証させることで、「AIRTRACK」が提携しているポイントメディアアプリを通して、ポイントを受け取ることが可能です。

「AIRTRACK」は、今後も配信面の拡大や、広告配信技術の開発・向上を行い、企業のオムニチャネル戦略の活性化や、企業のサービス利用の機会創出に貢献いたします。

<「AIRTRACK Reward」3つの機能>
1.「AIRTRACK」が保有するスマートフォンアプリネットワークにおいて、各メディアの配信面のデザインに合わせた誘導枠を設け、ユーザーの生活圏に合わせたコンテンツウォールを表示し、ネイティブ型広告を配信いたします。

2. ユーザーとエリアの関連性の高さを算出する独自開発アルゴリズム「ARR機能」により、企業の店舗エリアと関与度の高いユーザーに対して、ユーザーの生活圏に応じて最適化された広告を配信いたします。

3. ビーコン対応により、実店舗来店の計測が可能です。店舗来店したユーザーは「AIRTRACK」が提携しているポイントメディアアプリを通して、ポイントを受け取ることが可能です。

※1 オプトインユーザーとは
広告を配信する際に、事前にユーザーの許可を求めることをオプトインと言い、オプトインユーザーとは位置情報を利用した広告配信を許可する意思を示したユーザーのことです。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、スマートフォンに特化した成果報酬課金型 DSP「Smalgo」、プライベート DMP「RightSegment」をはじめ、既存プロダクトの「AMoAd」や「CA リワード」「CAMP」といったアドテクノロジーを開発し、現在7つの子会社を含み、計20サービスを提供しています。

紹介画像
9929_ext_07_0_S

9929_ext_07_1_S

※画像をクリックしていただくと大きな画像を確認することができます。Windowsの方は画像を右クリックしながら、 Macの方はcontrolキーを押しながら画像をクリックして、「名前を付けて画像を保存」することにより、画像を保存することができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加