ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.3.31

楽天グループのリンクシェア・ジャパンとiDEAKITT、「ChatCast」での成果報酬型サービスを提供開始

楽天グループのリンクシェア・ジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:濱野 斗百礼、以下「リンクシェア・ジャパン」)と株式会社iDEAKITT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 遼平、以下「iDEAKITT」)は、リンクシェア・ジャパンのアフィリエイトサービスを利用する広告主向けに、iDEAKITTが提供する会話型コンテンツ作成プラットフォーム「ChatCast(https://chatca.st/)」を活用した成果報酬型のサービスを本日より提供開始します。

本サービスを利用する広告主は、「ChatCast」を使って、自らの商品やサービスなどを訴求する商品開発者のインタビューやユーザーとの座談会などの会話(チャット)型のテキストコンテンツを簡単に作成し、「ChatCast」内の本サービスを利用する広告主限定の「チャンネル」(注1)に公開することができます。会話型コンテンツは、消費者から読まれやすく共感を得やすいので、広告主はユーザーの商品やサービスの理解および購買促進が期待できます。本サービスは、商品やサービスがコンテンツ内に記載されたURLから購入された場合のみ広告主が利用料金を支払う「成果報酬型」で提供します。(注2)サービスには、会話テーマなどの企画提案からチャット実施時の運用サポートも含まれます。また、公開したコンテンツは、ソーシャルメディアでの共有や広告主の自社サイトなどに転載できるため、商品やサービスなどをより多くの消費者に訴求できます。

chatcast

昨今、多くの企業が、商品やサービスの理解・購買の促進などを目的として、記事コンテンツや会話型コンテンツなどの顧客に受け入れられやすい形のコンテンツを発信するマーケティング手法を取り入れていますが、会話型コンテンツの場合、取材や書き起こし、編集などの工程が多く、作成に多くの時間やコストがかかっていました。本サービスの活用により広告主は、会話型コンテンツを、迅速かつ効率的に作成し公開できるようになります。

リンクシェア・ジャパンとiDEAKITTは、「ChatCast」による会話型コンテンツを通して、広告主のユーザーへの新しい商品訴求方法を提供することで、広告主のマーケティング支援と売上拡大に貢献してまいります。

注1:ユーザーや企業が作成できるマイページのこと
注2:一部、消費者への影響力の高いインフルエンサーを会話コンテンツの企画に組み込むことなどにより固定費が発生するメニューもございます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加