ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.4.14

デジタルインテリジェンスとアップベイダー、 スマホ広告枠を用い「リアルタイム運用」でTVCMを補完するソリューションを提供開始

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:横山隆治 以下DI.)とアップベイダー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:佐野宏英 以下アップベイダー )は、DI.が開発したTVCMのターゲットセグメントでのアクチャル到達状況をほぼリアルタイムで捕捉分析し、ターゲットリーチ補完を行うデジタル広告配信システムである『CMARC(シーマーク)™』と、アップベイダーが提供するスマートフォン向け動画広告配信サービス「AppVador」を活用し、キャンペーンでの到達数および到達効率を向上・最適化するソリューションの提供を共同で開始する。

TVCM における若年層への到達効率の悪化と解決策

⾼齢化と若者のテレビ離れ(若年層の個⼈視聴率の低下傾向)によって、TVCM における若年層への到達効率は悪くなっている。以下のグラフのようにターゲットを 13〜29 歳男性とした場合に、実際のスポット広告では 20 回に 1 回しかターゲットに接触していない状況となっている。これを補うためにはデジタルデバイスへの広告配信に頼る必要がある。またスポット広告などはプランとアクチャルに乖離が出る場合も多く、テレビCMのアクチャル到達状況をリアルタイムに把握しながら補完の⼿を打つ必要がある。

デジタルインテリジェンス アップベイダー

若年層へスマホで補完配信を⾏い、「リアルタイム運⽤」でターゲットリーチ最⼤化へ

今回のソリューションでは、若年層を対象としたキャンペーンにおいて、DI.が開発・提供している『CMARC』を⽤い、TVCM 放映期間前に、TVCM 単体では獲得できない若⼲層へのリーチを推定し、リアルタイム運⽤を⾏いながら、「AppVador」によってスマホ(モバイルブラウザ)枠に広告出稿し、10 代,20 代へリーチを最⼤化していく。

デジタルインテリジェンス アップベイダー

TVCM の出稿との相乗効果を狙うためにはデジタル施策として⼀定のリーチ⼒が必要となってくる。従来は、スマートフォンを中⼼としたデジタル施策では⼗分なリーチを得られないことが多かった。今回、「AppVador」のもつ延べ 1.5 億 UU のリーチ⼒により、TVCM 施策と合わせてのキャンペーン設計が実現可能になった。

デジタルインテリジェンス アップベイダー

これにより広告主は、TVCM を出稿しながら、TV では 1 度も広告に接触しない若年層に対し、「AppVador」の独⾃技術による 100%のビューアブル在庫「ビューアブル・インプレッション※」により確実に広告を配信することができる。
※広告枠が 1 秒以上 50%以上にわたってユーザーのスクリーンに表⽰されている状態


  • このエントリーをはてなブックマークに追加