ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.4.21

PubMatic、Q1 2016の「Quarterly Mobile Index」レポートを発表

2016年第1四半期 「Quarterly Mobile Index」レポート」は、モバイルプラットフォームにおける広告在庫の質が向上したことにより、モバイルアプリおよびモバイルウェブにおいて平均CPMが前年度比50%以上向上したことを発表。

2016年第1四半期のオペレーションデータ、数十億のデイリーインプレッションを分析しまとめた「Quarterly Mobile Index」レポートにおいて、モバイル広告の成長に関する以下の5つのキートレンドが以下となります。

#1.広告主が、グローバルのモバイルユーザの多くをターゲットしたため、Androidアプリ広告在庫の価値が、前年度150%程度向上した。

#2.プレミアムパブリッシャーとって、モバイルウェブは、モバイルトラフィックと広告在庫の大多数に相当しており、重要なマネタイゼーションの機会となっている。

#3.平均モバイルCPMは、米国では、30%、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域におい64%上昇し、両地域おいて、グロバールレベルでモバイル広告在庫の質が向上していることを示している。

#4.主要なスポーツイベントが、モバイルのプライベート・マーケットプレイスにおける大幅な支出を牽引しており、スポーツ分野におけるPMPインプレッションが、前年度比1000%向上した。

#5.プログラマティックが、モバイルCPMを改善しており、大幅なモバイル広告の成長を後押しした。

Download PubMatic’s Quarterly Mobile Index (QMI) for Q1 2016


  • このエントリーをはてなブックマークに追加