• 2020/03/27

新型コロナの影響で広告が増加したのはニュース・趣味系、減少したのは旅行・スポーツ 〜PubMatic調べ〜

PubMaticは、新型コロナウイルスによるグローバルでの広告出稿のトレンドの変化をインフォグラフィックでまとめ発表しました。


  • 2020/03/24

PubMatic、Audience Encoreを発表 〜プログラマティック広告にてファーストパーティデータを利用可能に〜

プレミアムコンテンツクリエーター向けデジタルテクノロジー企業であるPubMaticは、本日、パブリッシャーがオーディエンスデータを収益化する方法を大幅に変革する新しいソリューション「Audience Encore」を発表しました。PubMaticは、このリリースにより、パブリッシャーが、デスクトップ、動画、モバイルなどの主要なプログラマティックのチャネル全体でデータと在庫の両方を有効活用できるソリューションを提供する最初のSSPとなります。Audience Encoreではバイヤーとセラーは、Deal IDを介して取引をおこない、効率的で安全なプロセスを作成、構築します。これによりプラットフォ … Continue Reading →


  • 2020/03/10

PubMatic、デジタル広告のグローバルトレンド予想を発表 〜デジタル広告はメディア広告費全体の過半数に〜

PubMaticは、2020年におけるデジタル広告のグローバルトレンド予想を発表しました。2020年までに世界の広告予算に増加分のほとんどすべてがデジタルチャンネルにあてられる見込みで、その中でもプログラマティックが大半を占める模様です。



  • 2020/02/26

PubMatic、モバイルパブリッシャー向けに OpenWrap SDKのヘッダー入札オプションを刷新

プレミアムコンテンツクリエーター向けデジタルテクノロジー企業であるPubMaticは本日、モバイルアプリ内広告のヘッダー入札の可能性を広げる「OpenWrap SDK」をリリースしたことを発表しました。 OpenWrap SDKは、アプリパブリッシャー向けの軽量モバイルSDKであり、Prebidに基づいて構築されたサーバーサイドのヘッダー入札テクノロジーにより、複数のデマンドソースをシームレスに最適化します。


  • 2019/09/10

PubMatic、日本法人のカントリーマネージャーに廣瀬 道輝氏が就任

プレミアムコンテンツクリエーター向けデジタルテクノロジー企業であるPubMatic Inc.(本社:米国カリフォルニア、共同創設者兼CEO:Rajeev Goel、以下、PubMatic)は、日本法人であるパブマティック株式会社のシニアディレクターカスタマーサクセスを務めていた廣瀬 道輝が、同社のカントリーマネージャーに就任したことを発表しました。廣瀬は、日本チームのリーダーとして、日本市場におけるサプライサイドおよびデマンドサイド、両サイドのビジネスの成長を先導していきます。



  • 2019/01/18

The Trade Deskが提供する「Unified IDソリューション」、PubMaticとの連携を開始

グローバルなアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジェフ・グリーン、Nasdaq: TTD)は、同社の「Unified IDソリューション」とPubMatic Inc.(本社:米国カリフォルニア、以下PubMatic)が提供するセル・サイド・プラットフォーム(SSP)との連携を開始したことを発表しました。両社はこの連携により、アドレッサブルなオーディエンスリーチへの広告配信量の増加と効果の改善を目指します。また、今回の連携は、The Trade Deskが世界規模で持っているクッキー(Cookie)IDをデジタル広告業界全体に無 … Continue Reading →


  • 2018/12/18

PubMatic、動画広告の利用に関する意識調査を実施

パブマティック株式会社(本社:米国カリフォルニア、以下 PubMatic)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、メディアバイヤー(広告主および広告代理店)を対象に、2018年の国内市場の動画広告に関する意識調査を実施しました。



  • 2018/06/21

PubMatic、PubMatic CloudによりSSPのビジネスモデルを革新

PubMaticは、本日、自社でプログラマティック技術を実装し管理を試みるパブリッシャーとテクノロジー企業向けに、「PubMatic Cloud」を発表しました。PubMaticの技術、グローバルなインフラストラクチャーとPaaSベースのデマンドサイドとの接続にアクセスすることにより、クライアントは透明性を向上し、プログラマティック広告の収益化をより強力にコントロールできるようになります。


  • 2018/02/09

PubMatic、バイサイド向けの手数料無料化を発表

PubMaticは、当社のプラットフォーム上で行われた取引のバイサイドのお客様向けの手数料を無料化したことを発表しました。この取り組みは、市場の混乱を解消するため行われた当社の最新の決定で、パブリッシャーおよびバイサイド両者に対し価格設定モデルにおける透明性を提供し、急成長するプログラマティックエコシステムの最大活用を促進します。


  • 2017/11/09

PubMatic、広告詐欺防止プログラムを発表

オープンなデジタルメディアを確立するため、パブリッシャーにセル・サイド・プラットフォーム(SSP)を提供する企業であるPubMatic Inc.(本社:米国カリフォルニア、共同創設者兼CEO:ラジーヴ・ゴエル(Rajeev Goel)、以下、PubMatic)は、デマンドパートナー向けに、返金保証付きの広告詐欺防止プログラムを発表しました。このプログラムにより、PubMaticのプラットフォームを経由して配信された広告において広告詐欺が行われた場合、そのデマンドパートナーは支払いをする必要はなくなります。