ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.2.27

cci、デジタルアドテクノロジーにおける独立系リーディングプロバイダーのOpenX Software Limitedへ資本参加

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:長澤 秀行 以下 cci)は、PCディスプレイ広告のオンラインアドエクスチェンジ事業において既に独占契約を締結している、デジタルアドテクノロジーにおける独立系リーディングプロバイダーのOpenX Limited(本社:イギリス ロンドン Representative Director:Tim Cadogan)の持株会社であるOpenX Software Limitedに対して、韓国最大手の総合家電・電子部品・電子製品メーカーであるサムスン電子株式会社の関連投資会社などと共に資本参加いたしました。

インターネット広告領域において将来的に最も重要な鍵を握るのはアドエクスチェンジ事業者であると予測されております。
cciはこれまでも純広告の販売ならびにアドネットワーク事業(ADJUST)を通じて媒体社様のマネタイズに努めてまいりましたが、本資本参加により、急激な成長を続けているアドエクスチェンジ事業も加えた、一連のインターネット広告セールスを展開することにより、媒体社様の広告枠を高単価で販売することが可能となるため、インターネット広告業界におけるポジショニングを更に強めることができるものと考えております。

cciは独立系であるOpenX Software Limitedに出資することにより、強固な関係を築くと共に、日本および東南アジアにおいて急拡大するスマートフォン領域も含めたマルチデバイスでのオンラインアドエクスチェンジ市場の拡大に努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加