ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.9.13

アライドアーキテクツ、インフルエンサーマーケティング事業を行うVAZへ出資

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 壮秀、証券コード:6081)は、このたび、若年層に向けたインフルエンサーマーケティング事業を展開する株式会社VAZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 泰輝、以下「VAZ社」)へ出資しましたのでお知らせいたします。

VAZ社は、10代のユーザーに対して絶大な影響力を持つインフルエンサーを50名以上擁する若年層マーケティング専門のエージェンシーです。2016年9月時点におけるVAZ社所属のインフルエンサーのフォロワー数は計550万以上におよび、その影響力は拡大し続けています。VAZ社は、これらのインフルエンサーが持つ多大な影響力を活かし、「Twitter」や、Twitter社が提供する短編動画共有サービス「Vine(ヴァイン)」、動画共有コミュニティ「MixChannel(ミックスチャンネル)」などにおいてインフルエンサーを活用した動画プロモーション支援サービスなどを展開し、これまでに多くの広告主企業に導入されています。
また、2016年3月より”3時間で投稿が消える”コミュニティアプリ「PROF」を開発・運営し、「ホリプロタレントスカウトキャラバン」や「SHIBUYA TSUTAYA」といった大手企業とコラボレーションを行うなど、多様な領域で注目を集めています。

このたびの出資は、VAZ社が擁するインフルエンサーマーケティングの知見・実績やネットワークを、アライドアーキテクツが展開するSNSマーケティング支援事業と連携することにより、近年注目が高まる若年層向けマーケティングの市場において大きなシナジー効果を生み出せるものと考えたためです。

アライドアーキテクツでは今後、VAZ社との連携を通じて、両社のさらなる事業拡大および企業価値の向上を目指してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加