ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2017.2.13

セレスとゆめみ、広告配信技術等を研究・開発する「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立

 株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696)は持分法適用関連会社である株式会社ゆめみ(本社:京都市下京区、代表取締役:片岡 俊行)と共同で、人工知能(AI:Artificial Intelligence)及び機会学習を利用した最適な広告配信技術等を研究・開発する「ビジネスサイエンスAIラボ」(所長:ゆめみCTO 齊藤 祐輔 以下、AIラボ)を設立いたしました。


 近年、スマートフォンの普及やソーシャルメディアの発達等によって、発信される情報量が飛躍的に増えました。また、IoTデバイスの登場によってこれまで取得できなかった情報が取得できるようになり、これらのビッグデータを解析するために改めてAIが着目されています。2015年におけるAIを活用した機器、システム等の国内市場規模は3兆7,450億円と推計されています。また、今後の技術成熟等を通じた様々な産業でのAI導入を経て、2020年には23兆638億円、2030年には86兆9,620億円へと市場が拡大することが期待されています。(※1)

 AIラボでは、AI及び機会学習の新たな活用方法を研究し、新しいビジネスを生み出していくと共に、これらの技術による恩恵を既存及び新規顧客のマーケティング支援に役立てるだけでなく、あらゆる業界、あらゆる業態に広げてまいります。
AIラボの第一弾の取り組みとして、セレスが運営する300万人超のポイントメディア会員に紐付くポイントの加算減算履歴等のビッグデータを活用した最適な広告配信技術を研究・開発いたします。

 AIラボは、ゆめみのCTOである齊藤祐輔が所長を務め、中山心太氏(通称:中山ところてん)をアドバイザーとして招聘しています。中山心太氏は、電気通信大学を卒業後、通信事業者の研究所、ソーシャルゲーム会社等を経て、ECサイト向けクーポン配布最適化サービス「ZenClerk」の開発を行う。現在は個人事業者としてメディアサイトのデータ分析・コンサルティングサービス等を提供しております。その他、情報処理学会や一般社団法人未踏等において、精力的に活動をされています。

 セレスとゆめみは、AIラボを通じ、AIを活用することで広告効果の最大化等を始めとするクライアントの経営課題の解決、新たなビジネスの創出につながるインターネットマーケティングサービスの開発を実現してまいります。


※1出典:EY総合研究所 未来社会・産業研究部 人工知能が経営にもたらす「創造」と「破壊」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加