ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2013.6.20

DACグループのアイメディアドライブ、新会社「モデューロ」設立、DMPとアドネットワーク事業を承継

 このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下DAC)の子会社である、株式会社アイメディアドライブ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 重原洋祐、以下iMD)は、2013年6月14日開催の臨時株主総会において、2013年7月1日に会社分割により新たに株式会社モデューロ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 重原洋祐)を設立し、データマネジメントプラットフォーム(以下DMP)であるAudienceOneを中心としたデータマネジメント事業と、impActネットワークを中心としたアドネットワーク事業を同社に承継することを決議いたしましたのでお知らせいたします。

◆会社分割の目的
 昨今、インターネット広告市場ではリアルタイムビッディングなどの普及によって自社メディアや第三者からの提供データなどのビッグデータを活用した広告配信ニーズが高まっております。ビッグデータの利用により、訴求を行う商品と親和性が高いユーザーを直接指定し、広告配信を行う事が可能となります。

 一方、テクノロジーの発展により、以前は現実的に利用することが難しかった大量データの蓄積・分析が可能な環境が整ってきました。このため、オーディエンスの基本属性、趣味・嗜好、購買などのビッグデータを組み合わせ商品プロモーションなど企業のマーケティング活動に活用することに対する関心も高まってきております。
 そのような環境の中でiMDは、2013年4月よりビッグデータを利用し様々なターゲティング配信を可能にするDMP「AudienceOne(オーディエンスワン)」の提供を新たに開始いたしました。新規事業となるデータマネジメント事業をより効率的に推進し、他社との協業を含む事業領域の拡大に迅速に対応できるよう、新会社モデューロを設立することといたしました。新会社では、データマネジメント事業とともに既存のアドネットワーク事業を承継し、DMP、アドネットワークのサービスを広くご提供するとともに市場競争力ある製品を市場に提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加