ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2018.12.20

Amobee、日本法人 社長執行役員 カントリーマネージャーとして城西將恒氏を任命

デジタルマーケティングテクノロジーの世界的な企業として広告主、広告会社、放送局、プレミアムパブリッシャー向けにサービスを提供するAmobeeは、日本法人のカントリーマネージャーに城西將恒氏を任命し、同社グローバルリーダーシップチームに迎えることを本日12月18日発表しました。この異動に伴い、城西氏はAmobee最高執行責任者であるドメニク・ベヌト氏の直属となります。


米カリフォルニア州レッドウッドシティ & シンガポール–(2018年12月18日)–デジタルマーケティングテクノロジーの世界的な企業として広告主、広告会社、放送局、プレミアムパブリッシャー向けにサービスを提供するAmobeeは、日本法人のカントリーマネージャーに城西將恒氏を任命し、同社グローバルリーダーシップチームに迎えることを本日発表しました。この異動に伴い、城西氏はAmobee最高執行責任者であるドメニク・ベヌト氏の直属となります。

amobee
Amobee日本法人 社長執行役員 カントリーマネージャー 城西將恒

城西氏は日本の代表として、Amobee JapanにおけるAmobeeおよびVideologyの2つ事業を統合し率いることになります。同氏は過去25年間テレビスポット広告、デジタル動画広告、デジタルメディア、オンラインデータベースや銀行における融資業務など、幅広く経験してきました。

「城西氏は評判の高い業界のリーダーの一人であり、日本でAmobeeの発展に貢献してくれるでしょう」とAmobee最高執行責任者のドメニク・ベヌト氏が言います。「AmobeeはVideologyを買収してグローバルに発展しています。世界中のマーケターの戦略パートナーとしてサービスを提供できるよう最高の技術を拡充していく、その進化に城西氏が貢献してくれることを期待しています。」

Videologyにて日本の社長執行役員を務めていた城西氏は、AmobeeによるVideologyの買収に伴いAmobeeの一員となりました。業界で20年以上の経験を持ち、広告主、広告会社、放送局、プレミアムパブリッシャーと密接な関係を築いて長期的な戦略を作り上げてきた城西氏は、Amobeeに貴重な知識や経験をもたらします。同氏は英国国立バーミンガム大学で経営学修士を取得しています。

「アジア太平洋地域では、デジタルマーケティングの支出額が他の地域よりも早いペースで伸びており、世界最大規模の独立系デジタルマーケティングプラットフォームであるAmobeeにとって無限のチャンスがあります」と城西氏は言います。「Amobeeの最先端技術をこの地域の広告主、広告会社、放送局、プレミアムパブリッシャーの皆様にご紹介できるのを楽しみにしています。」

城西氏をAmobeeのグローバルリーダーシップチームに加えることはAmobeeによるVideologyの買収に続くものです。Videologyの最先端技術を得て、Amobeeはリニアテレビ、OTT、コネクテッドTV、プレミアムデジタル動画、モバイルコンテンツを含む、デジタルとアドバンストTVを融合した高度な広告ソリューションを提供していきます。また、広告主や放送局がデータを使ってデジタルとテレビでのキャンペーンや支出を最適化し、発展できるよう支援します。さらにAmobeeは一つのオムニチャネルプラットフォーム上にプログラマティックとテレビとソーシャルを統合しています。そこではテレビ広告とデジタル広告のデータを同じように扱えるため、プレミアム動画とアドバンストTVのコンテンツに対する消費者の需要拡大に対応できるよう、マーケターを支援できます。そして、さまざまなスクリーンやデバイスにまたがるメディアバイイングも効果的に行うことが可能です。

Amobeeについて

Amobeeは、広告主や広告会社のマーケティングに関する意思決定のしかたを一変させるテクノロジー企業です。Amobee Marketing Platformでは、マーケター向けにチャネル横断的なプログラマティックメディアキャンペーンを計画・実施する機能を提供しています。そこでは、リアルタイムでの市場調査や独自のオーディエンスデータ、高度な分析機能、そしてFacebook、Instagram、Pinterest、Snapchat、Twitterを含む150以上の統合されたパートナーを活用することができます。Amobeeは世界最大級のテレコム企業であり7億人以上のモバイル加入契約者を抱えるシンガポール・テレコム(Singtel)の完全子会社です。北米、ヨーロッパ、中東、アジア、オーストラリアにわたって事業を展開しており、社員数は1,000人を超えます。詳細は、www.amobee.comをご覧いただくか、@amobeeをフォローしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加